タイトル
時間割コード: WAT0101 日本語シラバス
都市基盤安全設計特論[Advanced Theory of Infrastructure Safety Design]
 
担当教員
山田 均[YAMADA HITOSHI]
開講学部等 都市イノベーション学府 対象年次 1〜3 単位数 2 使用言語  
開講時期 春学期 開講曜限   クラス 都市基盤安全設計特論
特記事項  
ナンバリングコード
授業の目的  
空間環境を維持するためには、空間を構成する可能性の議論だけでなく、動的問題への対処、自然災害への対処など、多方面からの最適化が求められている。特に柔軟構造物では、振動力学の基本思想をふまえ,長大構造物では耐風工学を十分な理解ふまえた詳細、かつ正確な対応が欠かせない。ここでは、下記の内容を中心に実務での実践的な例を文献に見ながら動的問題を中心に据えた設計管理問題について教育研究する。
 
授業計画
(項目説明)授業全体のスケジュールを示しています。学修計画を立てる際の参考にしてください。
 
都市基盤構造物の設計上の安全性の配慮を切り口に、輪講形式で講義を行う。
1. 振動論の基礎
2. 非線形振動論における自例振動の扱い
3. 空力弾性学分野における自例振動例
4.〜5. 自例振動現象に対する3次元応答解析法の適用
6.〜7. 不規則振動分析のための確率過程論
8.〜9. 不規則振動論に基づく風荷重規定
10. 橋梁の耐風設計論総論
11. 構造物の破壊疲労力学風洞試験法と耐風設計理論の関係
12. 各国の耐風設計概論
13. 各国の耐風設計事例紹介1
14. 各国の耐風設計事例紹介2
15. 各国の耐風設計事例紹介3
 
到達目標
(項目説明)授業を履修する人が最低限身につける内容を示す目標です。履修目標を達成するには、さらなる学修を必要としている段階です。
 
実務で生じる都市基盤構造物耐風設計上の諸問題について、明確な説明を与えることができる。
 
成績評価の方法
(項目説明)成績評価の方法と評価の配分を示しています。
 
最終試験で評価する。
 
成績評価の基準 -ルーブリック-
(項目説明)授業別ルーブリックでは評価の項目と、成績評価の基準との関係性を確認できます。(表示されない場合もあります。)
 
【成績評価の基準表】
秀(S)優(A)良(B)可(C)不可(F)
履修目標を越えたレベルを達成している履修目標を達成している履修目標と到達目標の間にあるレベルを達成している到達目標を達成している到達目標を達成できていない
履修目標:授業で扱う内容(授業のねらい)を示す目標
到達目標:授業において最低限学生が身につける内容を示す目標
 
授業の方法
(項目説明)教員が授業をどのように進めるのか、課題提出などの情報もあわせて示しています。
 
英語での輪講形式で行う。各週の予定は講義開始時に調整する。
資料は事前に配付するので予習は必須である。
 
教科書  
教科書1 ISBN 9780071132411
書名 Dynamics of Structures, Second Edition
著者名 R. W. Clough and J.Penzien 出版社 McGraw-Hill 出版年 1993
教科書2 ISBN 9780471802624
書名 Random Vibration of Structures
著者名 C.Y.Yang 出版社 John Wiley International 出版年 1985
教科書3 ISBN 9780471121572
書名 Wind Effects on Structures
著者名 E,Simiu and R.L.Scanlan 出版社 Wiley International 出版年 1996
教科書4 ISBN 9780803120822
書名 Fracture And Fatigue Control In Structures
著者名 S.T.Rolfe and J.M.Barson 出版社 Astm Intl 出版年 1999
 
履修条件および関連科目
(項目説明)この授業を履修するにあたってあらかじめ履修が必要な授業,並行して履修することによって学修効果を高める授業などを示しています。
 
関連科目:学部レベルの構造力学および振動学(例えば、工学部建設学科都市基盤コースの構造の力学Ⅰ、Ⅱ、Ⅲおよび振動の力学相当の授業内容)に関する理解、基本的知識を前提にしている。
 
教員からの一言  
わからないから勉強します.疑問を感じたら遠慮せずに聞いてください.講義の時でも,来室されても,いつでも歓迎します.
 
ホームページ  
http://yamadas.info/
 
↑ ページの先頭へ戻る