タイトル
時間割コード: PB10002 日本語シラバス
組織マネジメント特論[Organization Theory]
 
担当教員
山岡 徹[YAMAOKA TORU]
開講学部等 国際社会科学府 対象年次 1〜2 単位数 2 使用言語 日本語
開講時期 春学期 開講曜限   クラス 組織マネジメント特論
特記事項  
ナンバリングコード
授業の目的  
 今日、多くの経営組織が経営環境の流動化や不確実性の増大といった外部環境の変化に直面している。こうした状況下で組織が長期的に存続するためには、組織内部の硬直化を克服し、変化に対し柔軟に適応できる組織能力が必須である。それでは、柔軟な適応能力を生む組織マネジメントのあり方とはいかなるものだろうか。これが本授業の基本的な問題意識である。
 そこで、本授業では組織マネジメントの理解を深めるための手順として、まず外部環境との関係のなかで組織の捉え方を学ぶ。そのうえで、外部環境や経営戦略などが組織の設計と運営にいかに影響するか学習する。また、外部環境の要因だけではなく、組織の内部要因にも注目し、それらの諸要因が組織の長期的な成長にもたらす影響について考察する。
 さらに組織内の個人の行動や心理的側面に焦点を定め、個人や集団が組織のパフォーマンスに及ぼす影響について学習し、組織と個人の関係について考察するなかで、授業全体を通して、組織に柔軟な適応能力をもたらす組織マネジメントのあり方について考察する。
 
授業計画
(項目説明)授業全体のスケジュールを示しています。学修計画を立てる際の参考にしてください。
 
1.なぜ組織マネジメントを学ぶのか
2.組織の多様な捉え方
3.組織戦略と組織デザイン
4.組織構造の設計
5.外部環境と組織との関係
6.組織における技術と職務デザイン
7.組織の規模とライフサイクル
8.組織学習
9.集団(グループ)の機能
10.リーダーシップ
11.モチベーション
12.組織における意思決定プロセス
13.組織文化
14.組織変革とイノベーション
15.組織におけるコンフリクトと政治

※授業の進み具合によっては予定を変更することがあります。
 
授業時間外の学修内容
(項目説明)授業全体を通して授業前に予習すべき内容、授業後に復習すべき内容を示しています。単位は、授業時間前後の予習復習を含めて認定されます。
 
授業で扱った主要な概念について授業後に各自で確認すること。
授業で示された課題レポートの作成に取り組むこと。
 
履修目標
(項目説明)授業で扱う内容(授業のねらい)を示す目標です。より高度な内容は自主的な学修で身につけることを必要としています。
 
環境変化に対する柔軟な適応能力を生む組織マネジメントのあり方とその限界を論理的に説明できる。
 
到達目標
(項目説明)授業を履修する人が最低限身につける内容を示す目標です。履修目標を達成するには、さらなる学修を必要としている段階です。
 
環境変化に対する柔軟な適応能力を生む組織マネジメントのあり方を説明できる。
 
成績評価の方法
(項目説明)成績評価の方法と評価の配分を示しています。
 
成績は講義への参加、質疑への応答状況、提出レポート、プレゼンテーションなどの課題を総合的に評価する。
 
成績評価の基準 -ルーブリック-
(項目説明)授業別ルーブリックでは評価の項目と、成績評価の基準との関係性を確認できます。(表示されない場合もあります。)
 
【成績評価の基準表】
秀(S)優(A)良(B)可(C)不可(F)
履修目標を越えたレベルを達成している履修目標を達成している履修目標と到達目標の間にあるレベルを達成している到達目標を達成している到達目標を達成できていない
履修目標:授業で扱う内容(授業のねらい)を示す目標
到達目標:授業において最低限学生が身につける内容を示す目標
 
授業の方法
(項目説明)教員が授業をどのように進めるのか、課題提出などの情報もあわせて示しています。
 
毎回の授業テーマに関する講義とディスカッションを中心に授業を進める。
必要に応じて、授業テーマの関連資料を配付する。
 
教科書  
教科書1 ISBN 9784478430200
書名 組織の経営学 : 戦略と意思決定を支える
著者名 リチャード・L.ダフト 著,高木晴夫 訳, 出版社 ダイヤモンド社 出版年 2002
 
教科書補足  
授業では使用しません。より理解を深めるための自習用として活用してください。
 
教員からの一言  
経営学を学ぶ学生は、ややもすると経営の実務面ばかりに強い興味を持ちがちですが、実務は就職してから嫌というほど経験できます。一方、就職してからは日々の実務に追われて体系的な経営理論の学習に割く時間もエネルギーもなかなか確保できません。「学生時代にもっときちんと経営学を勉強しておけば良かった」と後悔している実務家は非常に多いのです。学生時代の「今」しかできないことは何なのか。単位取得のためよりも自分への先行投資の意識を持って授業や演習に取り組みましょう。
 
↑ ページの先頭へ戻る