タイトル
時間割コード: PB10004 日本語シラバス
国際経営特論[Study of International Business Management]
 
担当教員
河野 英子[KONO HIDEKO]
開講学部等 国際社会科学府 対象年次 1〜2 単位数 2 使用言語 日本語
開講時期 春学期 開講曜限   クラス 国際経営特論
特記事項  
ナンバリングコード
授業の目的  
国際経営に関わる代表的な概念・視点・枠組みを学習する。先行研究の成果を検討することを通じて、それら概念・視点・枠組みの位置づけ、およびそれらの関係についての知識と洞察力を養う。


 
授業計画
(項目説明)授業全体のスケジュールを示しています。学修計画を立てる際の参考にしてください。
 
1.ガイダンス
2.多国籍企業の歴史的展開
3.多国籍企業と直接投資
4.企業の国際化理論
5.多国籍企業の組織形態
6.グローバル戦略論
7.国際戦略提携
8.国際拠点の配置
9.海外子会社のマネジメント
10.国際マーケティング
11.国際的な製品戦略
12.国際的なR&D戦略
13.国際人的資源管理
14.新興国と多国籍企業
15.全体のまとめ
 
授業時間外の学修内容
(項目説明)授業全体を通して授業前に予習すべき内容、授業後に復習すべき内容を示しています。単位は、授業時間前後の予習復習を含めて認定されます。
 
各回で指定される文献を、その構造がどのようになっているのかを考えながら、深く読み込んでくることが不可欠である。
次の回は、前回何を学んだのかを復習したことを前提に進めていく。
 
履修目標
(項目説明)授業で扱う内容(授業のねらい)を示す目標です。より高度な内容は自主的な学修で身につけることを必要としています。
 
国際経営に関わる理論・枠組みをもとに、国際経営に関わる諸問題を解釈し、何らかの考察を加えることができる。
 
到達目標
(項目説明)授業を履修する人が最低限身につける内容を示す目標です。履修目標を達成するには、さらなる学修を必要としている段階です。
 
国際経営に関わる基礎的な理論・枠組みについて、体系的に理解している。
 
成績評価の方法
(項目説明)成績評価の方法と評価の配分を示しています。
 
出席と講義での課題発表60%、レポート課題30%、議論への貢献10%により評価する。
 
成績評価の基準 -ルーブリック-
(項目説明)授業別ルーブリックでは評価の項目と、成績評価の基準との関係性を確認できます。(表示されない場合もあります。)
 
【成績評価の基準表】
秀(S)優(A)良(B)可(C)不可(F)
履修目標を越えたレベルを達成している履修目標を達成している履修目標と到達目標の間にあるレベルを達成している到達目標を達成している到達目標を達成できていない
履修目標:授業で扱う内容(授業のねらい)を示す目標
到達目標:授業において最低限学生が身につける内容を示す目標
【授業別ルーブリック】
評価項目評価基準
期待している以上である十分に満足できる(履修目標)やや努力を要する努力を要する(到達目標)相当の努力を要する
国際経営に関わる理論・枠組みを理解し、それをもとに考察すること理論・枠組みをもとに、国際経営に関わる諸問題を解釈し、考察を加えることができる理論・枠組みをもとに、国際経営に関わる諸問題を解釈することができる理論・枠組みを、説明できる基礎的な理論・枠組みを理解できている基礎的な理論・枠組みを理解できていない
 
授業の方法
(項目説明)教員が授業をどのように進めるのか、課題提出などの情報もあわせて示しています。
 
先行研究を取り上げ、担当となる発表者を中心に検討を進める。討論者の質問等のコメントをもとに、他の受講生も議論に加わり、理解を深める。
 
教科書補足  
課題となる文献は、初回の授業で紹介する。
 
参考書補足  
課題に応じて、参考文献を適宜知らせる。
 
↑ ページの先頭へ戻る