タイトル
時間割コード: PB10007 日本語シラバス
経営科学特論[Management Science]
 
担当教員
鈴木 香織[SUZUKI KAORI]
開講学部等 国際社会科学府 対象年次 1〜2 単位数 2 使用言語 日本語
開講時期 春学期 開講曜限   クラス 経営科学特論
特記事項  
ナンバリングコード
授業の目的  
経営科学は、企業を中心とした組織における資源配分問題・意思決定問題を科学的に追求する学問体系である。
この授業では、
1)経営科学の基本的な考え方・諸概念・ツールを解説し、
2)企業経営の様々な局面とそれに対する科学的アプローチを概観する。
 
授業計画
(項目説明)授業全体のスケジュールを示しています。学修計画を立てる際の参考にしてください。
 
1. orientation:経営科学のアプローチと特質
2. LP:基礎概念
3. spreadsheetを用いたモデル構築
4. LP:定式化と応用
5. LP:Simplex algorithmと相対性
6. LPを用いたWhat-if分析、感度分析
7. 輸送問題、割当問題
8. network最適化問題
9. project management
10. 整数計画問題
11. 非線形計画問題
12. 決定分析:不確定性下の意思決定
13. 予測手法:時系列分析、因果分析
14. 待ち行列
15. まとめ
16. 定期試験
 
授業時間外の学修内容
(項目説明)授業全体を通して授業前に予習すべき内容、授業後に復習すべき内容を示しています。単位は、授業時間前後の予習復習を含めて認定されます。
 
授業前に該当する授業内容を予習し、授業後に復習する。
ほぼ毎週出る宿題を解き、提出する。
 
履修目標
(項目説明)授業で扱う内容(授業のねらい)を示す目標です。より高度な内容は自主的な学修で身につけることを必要としています。
 
1. 経営における諸問題を資源配分問題・意思決定問題として定式化して解く能力を身につけ、その過程を他者に説明できる。

2. PCを用いて大規模な経営意思決定問題が解決できる。
 
到達目標
(項目説明)授業を履修する人が最低限身につける内容を示す目標です。履修目標を達成するには、さらなる学修を必要としている段階です。
 
1. 企業経営の様々な局面における科学的approachの基本的な内容を理解し、他者に説明できる。

2.PCを用いて経営意思決定問題が解決できる。
 
成績評価の方法
(項目説明)成績評価の方法と評価の配分を示しています。
 
定期試験またはレポート40% 基礎的な理解度を把握する。
group課題20% group討論の達成度を把握する。
宿題40% 定式化能力の達成度を把握する。
 
成績評価の基準 -ルーブリック-
(項目説明)授業別ルーブリックでは評価の項目と、成績評価の基準との関係性を確認できます。(表示されない場合もあります。)
 
【成績評価の基準表】
秀(S)優(A)良(B)可(C)不可(F)
履修目標を越えたレベルを達成している履修目標を達成している履修目標と到達目標の間にあるレベルを達成している到達目標を達成している到達目標を達成できていない
履修目標:授業で扱う内容(授業のねらい)を示す目標
到達目標:授業において最低限学生が身につける内容を示す目標
 
授業の方法
(項目説明)教員が授業をどのように進めるのか、課題提出などの情報もあわせて示しています。
 
テキストは特に指定しない。資料は必要に応じて配布する。
 
教科書  
教科書1 ISBN
書名 -
著者名 出版社 出版年
 
参考書  
参考書1 ISBN 9780071289313
書名 Introduction to Management Science
著者名 Hillier and Hillier 出版社 McGraw-Hill 出版年 2011
 
↑ ページの先頭へ戻る