タイトル
時間割コード: PB10008 日本語シラバス
計量分析特論[Quantitative Analysis Study]
 
担当教員
井上 徹[INOUE TORU]
開講学部等 国際社会科学府 対象年次 1〜2 単位数 2 使用言語 日本語
開講時期 春学期 開講曜限   クラス 計量分析特論
特記事項  
ナンバリングコード
授業の目的  
ファイナンス分野で用いられる計量的分析手法を、習得する。
 
授業計画
(項目説明)授業全体のスケジュールを示しています。学修計画を立てる際の参考にしてください。
 
①   ガイダンスと復習
②   操作変数法
③   同時方程式モデル
④   GMM
⑤   AR,MA,ARMAモデル
⑥   VAR
⑦   定常性と単位根
⑧   共和分
⑨   その他の時系列モデル
⑩   パネル分析
⑪   質的選択モデル1(Logit,Probit)
⑫   質的選択モデル2(Tobit)

注:BS授業科目のため12回
 
授業時間外の学修内容
(項目説明)授業全体を通して授業前に予習すべき内容、授業後に復習すべき内容を示しています。単位は、授業時間前後の予習復習を含めて認定されます。
 
この授業では、線形代数、微積分、確率論の知識が必要とされるので、それらのバックグラウンドがない場合は、自主学修すること。
適宜、提示する練習問題、課題を行うこと。
 
履修目標
(項目説明)授業で扱う内容(授業のねらい)を示す目標です。より高度な内容は自主的な学修で身につけることを必要としています。
 
上記の計量経済学の理論を、他者に説明できる水準で理解すること。
 
到達目標
(項目説明)授業を履修する人が最低限身につける内容を示す目標です。履修目標を達成するには、さらなる学修を必要としている段階です。
 
上記の計量経済学の基本的手法を習得し、自らの研究に適用できるようになる。
 
成績評価の方法
(項目説明)成績評価の方法と評価の配分を示しています。
 
授業中に示す実習課題:80% 出席等の平常点:20%
 
成績評価の基準 -ルーブリック-
(項目説明)授業別ルーブリックでは評価の項目と、成績評価の基準との関係性を確認できます。(表示されない場合もあります。)
 
【成績評価の基準表】
秀(S)優(A)良(B)可(C)不可(F)
履修目標を越えたレベルを達成している履修目標を達成している履修目標と到達目標の間にあるレベルを達成している到達目標を達成している到達目標を達成できていない
履修目標:授業で扱う内容(授業のねらい)を示す目標
到達目標:授業において最低限学生が身につける内容を示す目標
【授業別ルーブリック】
評価項目評価基準
期待している以上である十分に満足できる(履修目標)やや努力を要する努力を要する(到達目標)相当の努力を要する
理解度授業内容を越えた自主的な学修が認められる。授業内容をほぼ100%理解している。到達目標は理解しているが、授業内容に不足がある。到達目標に達していることが認められる。到達目標に達していない。
課題解法能力解法が分からない他人にアドバイスができる。何も参照せずに独自の能力で課題を解くことができる。参考書などを参考にすれば、独自で課題を解くことができる。他人のアドバイスがあれば課題を解くことができる。他人のアドバイスがあっても自発的に課題を解くことができない。
調査能力(予習)自ら進んで予習範囲を越えて調べている。予習範囲を十分に理解し、他人に説明できる。指示した予習範囲の理解にあいまいな点がある。指示された範囲は予習するが、理解が不十分である。指示された範囲は予習が不十分である。
 
授業の方法
(項目説明)教員が授業をどのように進めるのか、課題提出などの情報もあわせて示しています。
 
講義形式で行い、統計パッケージによる実習を併用する。
 
↑ ページの先頭へ戻る