タイトル
時間割コード: PB21001 日本語シラバス
産業分析特論[The study of Industry Analysis]
 
担当教員
孫 穎[SUN YING]
開講学部等 国際社会科学府 対象年次 1〜2 単位数 2 使用言語 日本語
開講時期 春学期 開講曜限   クラス 産業分析特論
特記事項  
ナンバリングコード
授業の目的  
グリーンサプライチェーンマネジメント(GSCM)の理論と実践に関する理解を深め、サプライチェーン単位での環境対策のあり方について提言できることを目標とする。
 
授業計画
(項目説明)授業全体のスケジュールを示しています。学修計画を立てる際の参考にしてください。
 
1.オリエンテーション
2.産業活動と地球環境問題
3.グリーンサプライチェーンマネジメント(GSCM)
4.インダストリアルエコロジー(IE)
5.環境マネジメントの技法
6.グリーン購入
7.エコデザイン
8.環境リスクマネジメント
9.企業の社会的責任(CSR)
10.サプライヤーと顧客のグリーン化
11.グリーン物流
12.環境イノベーション
13.GSCMの実践例
14.持続可能な企業経営
15.総合討論
 
授業時間外の学修内容
(項目説明)授業全体を通して授業前に予習すべき内容、授業後に復習すべき内容を示しています。単位は、授業時間前後の予習復習を含めて認定されます。
 
配布資料を用いて予習と復習を行ってください。
 
履修目標
(項目説明)授業で扱う内容(授業のねらい)を示す目標です。より高度な内容は自主的な学修で身につけることを必要としています。
 
1.グリーンサプライチェーンマネジメント(GSCM)のあり方について、理解・説明・提言することができる。
2.発表資料の作成と発表に向けて十分な準備を行っている。
3.議論に積極的に参加している。
 
到達目標
(項目説明)授業を履修する人が最低限身につける内容を示す目標です。履修目標を達成するには、さらなる学修を必要としている段階です。
 
1.グリーンサプライチェーンマネジメント(GSCM)について、理解・説明することができる。
2.発表資料の作成と発表に向けて準備を行っている。
3.議論に参加している。
 
成績評価の方法
(項目説明)成績評価の方法と評価の配分を示しています。
 
発表(50%)、議論の参加(20%)、出席(20%)、レポート(10%)から総合的に評価する。
 
成績評価の基準 -ルーブリック-
(項目説明)授業別ルーブリックでは評価の項目と、成績評価の基準との関係性を確認できます。(表示されない場合もあります。)
 
【成績評価の基準表】
秀(S)優(A)良(B)可(C)不可(F)
履修目標を越えたレベルを達成している履修目標を達成している履修目標と到達目標の間にあるレベルを達成している到達目標を達成している到達目標を達成できていない
履修目標:授業で扱う内容(授業のねらい)を示す目標
到達目標:授業において最低限学生が身につける内容を示す目標
【授業別ルーブリック】
評価項目評価基準
期待している以上である十分に満足できる(履修目標)やや努力を要する努力を要する(到達目標)相当の努力を要する
理解・説明・提言 (50%)授業内容を越えた自主的な学修が認められる。履修目標に達していることが認められる。到達目標を超えている学修が認められる。到達目標に達していることが認められる。到達目標に達していない。
議論参加 (20%)授業内容を越えた自主的な学修が認められる。履修目標に達していることが認められる。到達目標を超えている学修が認められる。到達目標に達していることが認められる。到達目標に達していない。
 
授業の方法
(項目説明)教員が授業をどのように進めるのか、課題提出などの情報もあわせて示しています。
 
配布文献をもとに学生による発表を行い、全員でディスカッションする形で授業を進めていく。
 
教科書  
教科書2 ISBN
書名
著者名 出版社 白桃書房 出版年
 
参考書  
参考書1 ISBN 4623071316
書名 環境政策論
著者名 森晶寿 [ほか] 著, 出版社 ミネルヴァ書房 出版年 9月14日
 
参考書補足  
-
 
履修条件および関連科目
(項目説明)この授業を履修するにあたってあらかじめ履修が必要な授業,並行して履修することによって学修効果を高める授業などを示しています。
 
「環境マネジメント論」、「環境計画学」を並行して履修することを推奨する。
 
キーワード  
グリーンサプライチェーンマネジメント(GSCM)、環境配慮型経営
 
教員からの一言  
環境問題の解決に向けた企業や消費者、政府の役割について一緒に考えましょう。
 
ホームページ  
http://er-web.jmk.ynu.ac.jp/html/SUN_Ying/ja.html
 
↑ ページの先頭へ戻る