タイトル
時間割コード: PB21010 日本語シラバス
企業と社会特論[Business and Society]
 
担当教員
小川 慎一[OGAWA SHINICHI]
開講学部等 国際社会科学府 対象年次 1〜2 単位数 2 使用言語 日本語
開講時期 春学期 開講曜限   クラス 企業と社会特論
特記事項  
ナンバリングコード
授業の目的  
本授業では企業と社会との諸関係のうち、企業と従業員・労働者との関係を対象とする。具体的には、日本の雇用システムに焦点を当て、輪読を通じてその理解を深める。今回の授業では、正社員の雇用管理だけでなく非典型雇用の管理や、労使関係についての論文を収録した書籍を輪読する。
 
授業計画
(項目説明)授業全体のスケジュールを示しています。学修計画を立てる際の参考にしてください。
 
第1回 講義:イントロダクション
第2回 輪読(第1章):日本型雇用システムと企業コミュニティ
第3回 輪読(第2章):企業環境の変化に人事管理・労働政策はどう対応すべきか
第4回 輪読(第3章):雇用区分の多元化と賃金管理の新しい課題
第5回 輪読(第4章):成果主義・評価制度・人的資源開発の望ましい関係
第6回 輪読(第5章):ホワイトカラーに裁量労働制を適用するための条件
第7回 輪読(第6章):非典型的労働の実態
第8回 輪読(第7章):事務系の派遣スタッフに対応した人材活用と多様な就業意識
第9回 輪読(第8章):変貌する店長と「仕事世界」
第10回 輪読(第9章):「未経験者歓迎」求人と「正社員登用」機会
第11回 輪読(第10章):ものづくりと外部人材の活用
第12回 輪読(第11章):未組織企業における労使関係
第13回 輪読(第12章):個別的苦情と労働組合の対応
第14回 輪読(第13章):権利理解と労働組合
第15回:講義:まとめ
 
授業時間外の学修内容
(項目説明)授業全体を通して授業前に予習すべき内容、授業後に復習すべき内容を示しています。単位は、授業時間前後の予習復習を含めて認定されます。
 
(1)輪読の回では毎回、2名以上の報告者を立てる。
(2)輪読の報告は2回以上担当すること。
(3)輪読の回では毎回、報告担当者以外もA4 1枚程度の文献要約を提出すること。
 
履修目標
(項目説明)授業で扱う内容(授業のねらい)を示す目標です。より高度な内容は自主的な学修で身につけることを必要としています。
 
(1)日本の雇用システムの概要について、的確に説明できる。
(2)日本の雇用システムの変容について、的確に説明できる。
(3)日本の雇用システムの特徴について、メリットとデメリットを的確に説明できる。
 
到達目標
(項目説明)授業を履修する人が最低限身につける内容を示す目標です。履修目標を達成するには、さらなる学修を必要としている段階です。
 
(1)日本の雇用システムの概要について、説明できる。
(2)日本の雇用システムの変容について、説明できる。
(3)日本の雇用システムの特徴について、メリットとデメリットを説明できる。
 
成績評価の方法
(項目説明)成績評価の方法と評価の配分を示しています。
 
提出物(40点満点)+輪読の報告(60点満点)
達成目標は「可」(60点)に、到達目標は「優」(80点)に、それぞれ相当する。
 
成績評価の基準 -ルーブリック-
(項目説明)授業別ルーブリックでは評価の項目と、成績評価の基準との関係性を確認できます。(表示されない場合もあります。)
 
【成績評価の基準表】
秀(S)優(A)良(B)可(C)不可(F)
履修目標を越えたレベルを達成している履修目標を達成している履修目標と到達目標の間にあるレベルを達成している到達目標を達成している到達目標を達成できていない
履修目標:授業で扱う内容(授業のねらい)を示す目標
到達目標:授業において最低限学生が身につける内容を示す目標
 
授業の方法
(項目説明)教員が授業をどのように進めるのか、課題提出などの情報もあわせて示しています。
 
1.授業方法について第1回授業で説明するので、受講希望者はかならず出席すること。
2.授業は輪読を中心に進めるので、受講者はかならずテキストを購入すること。
3.受講者はかならず2回以上、輪読の報告を担当してもらう。
4.輪読担当者以外も毎回、A4 1枚程度に輪読文献の要約とコメントをまとめて、授業の最初に提出する。
 
教科書  
教科書1 ISBN 4532134242
書名 人材活用進化論
著者名 佐藤博樹 著, 出版社 日本経済新聞出版社 出版年 2012
 
教科書補足  
その他の使用教材や配布物は、YNU授業支援システムから入手してください。
 
参考書  
参考書1 ISBN 9784641220430
書名 「働くこと」を社会学する産業・労働社会学 = Sociology of Work and Industry:A Sociological Introduction to Working Life
著者名 小川慎一, 山田信行, 金野美奈子, 山下充 著, 出版社 有斐閣 出版年 2015
参考書2 ISBN 9784641184039
書名 仕事の社会学 = Sociology of Work : 変貌する働き方
著者名 佐藤博樹, 佐藤厚 編, 出版社 有斐閣 出版年 2012
参考書3 ISBN 9784641220621
書名 新しい人事労務管理 = Contemporary Human Resource Management
著者名 佐藤博樹, 藤村博之, 八代充史 著, 出版社 有斐閣 出版年 2015
 
参考書補足  
-
 
履修条件および関連科目
(項目説明)この授業を履修するにあたってあらかじめ履修が必要な授業,並行して履修することによって学修効果を高める授業などを示しています。
 
1.大学院生として積極的に勉強する方の履修を歓迎します。
2.遅刻はしないでください。
 
キーワード  
企業と社会(business and society),日本の雇用システム(Japanese employment system),非典型雇用(atypical employment),労使関係(industrial relations),労働組合(trade union)
 
備考1  
大学院は受動的に教わる場ではありません。自ら進んで勉強をしてください。
 
教員からの一言  
体がしっかりしていないと、頭も働かなくなります。心身ともに若いうちに鍛えましょう。
 
↑ ページの先頭へ戻る