タイトル
時間割コード: PB22003 日本語シラバス
公会計特論[Governmental Accounting]
 
担当教員
齋藤 真哉[SAITO SHINYA]
開講学部等 国際社会科学府 対象年次 1〜2 単位数 2 使用言語 日本語
開講時期 春学期 開講曜限   クラス 公会計特論
特記事項  
ナンバリングコード
授業の目的  
会計を学ぶ者で「動態論」という言葉を知らない者はいないであろう。しかし実際に動態論を学んでいる者が意外に少なく、そのため会計の計算構造があまり理解されていないように思われる。そこで、本講義では、動態論が、公会計における収支概念を企業会計の計算構造に持ち込むことで成立していることを理解することを目的としている。
 
授業計画
(項目説明)授業全体のスケジュールを示しています。学修計画を立てる際の参考にしてください。
 
1. オリエンテーション
2. Die Grundlagen der Erfolgsrechnung ①
3. Die Grundlagen der Erfolgsrechnung ②
4. Der Rechnungsapparat der kaufmaennischen buchhaltung ①
5. Der Rechnungsapparat der kaufmaennischen buchhaltung ②
6. Der Rechnungsapparat der kaufmaennischen buchhaltung ③
7. Der Rechnungsapparat der kaufmaennischen buchhaltung ④
8. Der Rechnungsapparat der kaufmaennischen buchhaltung ⑤
9. Der Rechnungsapparat der kaufmaennischen buchhaltung ⑥
10. Der Rechnungsapparat der kaufmaennischen buchhaltung ⑦
11. Der Rechnungsapparat der Kameralistik ①
12. Der Rechnungsapparat der Kameralistik ②
13. Der Rechnungsapparat der Kameralistik ③
14. Der Rechnungsapparat der Kameralistik ④
15. 政府会計が与えた企業会計への影響
 
授業時間外の学修内容
(項目説明)授業全体を通して授業前に予習すべき内容、授業後に復習すべき内容を示しています。単位は、授業時間前後の予習復習を含めて認定されます。
 
(授業前学修)指定教科書をしっかりと読み込み、疑問点等について調べてくること。
(授業後学修)授業内容を確認するとともに、Walb学説の内容を他者にも説明することもできるように理解を深めること。
 
履修目標
(項目説明)授業で扱う内容(授業のねらい)を示す目標です。より高度な内容は自主的な学修で身につけることを必要としています。
 
公会計の領域におけるWalbの計算構造論を理解し、疑問な点等を検討することが、目標である。
 
到達目標
(項目説明)授業を履修する人が最低限身につける内容を示す目標です。履修目標を達成するには、さらなる学修を必要としている段階です。
 
・動態論の基本的思考を説明することができる。
・公会計が企業会計に与えた会計思考を説明できる。
 
成績評価の方法
(項目説明)成績評価の方法と評価の配分を示しています。
 
授業への参加(報告と議論への参加)(70%)、レポート(30%)
 
成績評価の基準 -ルーブリック-
(項目説明)授業別ルーブリックでは評価の項目と、成績評価の基準との関係性を確認できます。(表示されない場合もあります。)
 
【成績評価の基準表】
秀(S)優(A)良(B)可(C)不可(F)
履修目標を越えたレベルを達成している履修目標を達成している履修目標と到達目標の間にあるレベルを達成している到達目標を達成している到達目標を達成できていない
履修目標:授業で扱う内容(授業のねらい)を示す目標
到達目標:授業において最低限学生が身につける内容を示す目標
【授業別ルーブリック】
評価項目評価基準
期待している以上である十分に満足できる(履修目標)やや努力を要する努力を要する(到達目標)相当の努力を要する
理解度授業内容を越えて自主的に関連する学説についても検討がなされていることが認められる。授業内容をほぼ100%理解している。到達目標は理解しているが、授業内容に不足がある。到達目標に達していることが認められる。到達目標に達していない。
課題解法能力解法が分からない他人にアドバイスができる。何も参照せずに独自の能力で課題を解くことができる。参考書などを参考にすれば、独自で課題を解くことができる。他人のアドバイスがあれば課題を解くことができる。他人のアドバイスがあっても自発的に課題を解くことができない。
調査能力(予習)自ら進んで予習範囲を越えて調べている。事前に授業内容を十分に理解し、他人に説明できる。指示した予習範囲の理解にあいまいな点がある。指示された範囲は予習するが、理解が不十分である。指示された範囲は予習が不十分である。
 
授業の方法
(項目説明)教員が授業をどのように進めるのか、課題提出などの情報もあわせて示しています。
 
授業においては、Ernst Walb, Die Erfolgsrechnung privater und offentlicher Betrieb, Berlin/Wien,1926 を教科書として用い、当該書籍に沿った授業参加者による報告と議論を行う。
なお、教科書は必要な個所をコピーして参加者に配布する。
 
教科書補足  
教科書はコピーを用意するので、各自が用意する必要はない。
 
参考書補足  
参考書については、必要に応じて、その都度、紹介する。
 
履修条件および関連科目
(項目説明)この授業を履修するにあたってあらかじめ履修が必要な授業,並行して履修することによって学修効果を高める授業などを示しています。
 
会計学に関する知識を有していること。
 
キーワード  
Erfolgsrechnung(reporting of financial performance), Gewinn(net income), Bilanzen(financial statements), Kameralistik(governmental accounting in Germany)
 
備考1  
様々な領域でグローバル化が進展するなか、多様な言語文化を背景とした学説の研究にも強い関心を有していただきたい。
 
参照ホームページ  
特になし。
 
↑ ページの先頭へ戻る