タイトル
時間割コード: PB22004 日本語シラバス
税務会計特論[Study of tax accounting]
 
担当教員
平野 嘉秋[HIRANO YOSHIAKI]
開講学部等 国際社会科学府 対象年次 1〜2 単位数 2 使用言語 日本語
開講時期 秋学期 開講曜限   クラス 税務会計特論
特記事項  
ナンバリングコード
授業の目的  
課税所得は、日本に限らず多くの国において企業会計上の利益から修正して計算されている。 そこで企業会計とは異なる計算要素について、納税目的に即して理解し、それらの基礎となる会計思考を説明できることを目標とする。
 
授業計画
(項目説明)授業全体のスケジュールを示しています。学修計画を立てる際の参考にしてください。
 
第1回:税務会計の目的
第2回:税務会計の基本原則
第3回:課税所得計算の構造と確定決算主義
第4回:益金(その1)〜販売収益等〜
第5回:益金(その2)〜受取配当等〜
第6回:損金(その1)〜給与等〜
第7回:損金(その2)〜寄附金・交際費等〜
第8回:資産の評価損益等(その1)〜棚卸資産〜
第9回:資産の評価損益等(その2)〜有価証券〜
第10回:資産の評価損益等(その3)〜固定資産〜
第11回:資産の評価損益等(その4)〜圧縮記帳〜
第12回:負債の評価損益等〜引当金〜
第13回:欠損金
第14回:連結納税制度等
第15回:国際課税問題
 
授業時間外の学修内容
(項目説明)授業全体を通して授業前に予習すべき内容、授業後に復習すべき内容を示しています。単位は、授業時間前後の予習復習を含めて認定されます。
 
講義中に資料が配付されるので、事前に学習して疑問点を整理しておく。事後は講義中に配付される理解度チェックを中心に講義内容について理解が深められるよう復習を行う。
 
履修目標
(項目説明)授業で扱う内容(授業のねらい)を示す目標です。より高度な内容は自主的な学修で身につけることを必要としています。
 
税務会計処理という理論と実践を体系的に理解し、法人の課税所得や税額の算定方法を習得する。さらに、会計基準にもとづく会計処理との相違についても理解する。
 
到達目標
(項目説明)授業を履修する人が最低限身につける内容を示す目標です。履修目標を達成するには、さらなる学修を必要としている段階です。
 
税務会計にあって、特に法人の課税所得計算は、企業会計上の利益計算と同様に、一定期間の富の増加の把握が課題となるが、納税目的に即して企業会計上の利益とは異なる思考に基づく計算要素が含まれる。そこでそうした税務上の特有の計算要素に着目して学習し、その内容とその基礎となる思考が身につくようにする。
 
成績評価の方法
(項目説明)成績評価の方法と評価の配分を示しています。
 
授業での報告内容,質疑応答,レポートにより評価する。
 
成績評価の基準 -ルーブリック-
(項目説明)授業別ルーブリックでは評価の項目と、成績評価の基準との関係性を確認できます。(表示されない場合もあります。)
 
【成績評価の基準表】
秀(S)優(A)良(B)可(C)不可(F)
履修目標を越えたレベルを達成している履修目標を達成している履修目標と到達目標の間にあるレベルを達成している到達目標を達成している到達目標を達成できていない
履修目標:授業で扱う内容(授業のねらい)を示す目標
到達目標:授業において最低限学生が身につける内容を示す目標
 
授業の方法
(項目説明)教員が授業をどのように進めるのか、課題提出などの情報もあわせて示しています。
 
授業は、レジュメを用いた講義形式と討論形式を適宜併用する。そのため、その前提となる税法の知識を授業前に復習しておくことが望ましい。討論においては自分の考えを限られた時間の中で的確にまとめるよう心がけて欲しい。また、プレゼンテーションを実施することもある。
 
教科書補足  
講義はプリントを用いるので、基本的にはテキストは使用しない。
 
参考書  
参考書1 ISBN 9784335304415
書名 租税法(第15版)
著者名 金子宏 出版社 弘文堂 出版年 2010
参考書2 ISBN 9784502069109
書名 新版税務会計学講義
著者名 富岡幸雄 出版社 中央経済社 出版年 2013
参考書3 ISBN 9784793117015
書名 法人税の計算と理論
著者名 平野嘉秋 出版社 税務研究会 出版年 2008
参考書4 ISBN 9784839419387
書名 税務会計論文集
著者名 武田昌輔 出版社 森山書店 出版年 2001
 
参考書補足  
-
 
履修条件および関連科目
(項目説明)この授業を履修するにあたってあらかじめ履修が必要な授業,並行して履修することによって学修効果を高める授業などを示しています。
 
特になし。
 
備考1  
限られた時間の中で、受け身にならず、理論の組み立てを考えながら、レジュメの余白等を利用してノートをとるよう心がけて欲しい。
 
参照ホームページ  
国税庁(http://www.nta.go.jp/)
 
↑ ページの先頭へ戻る