タイトル
時間割コード: PB22005 日本語シラバス
原価会計特論[Cost Accounting]
 
担当教員
高橋 賢[TAKAHASHI MASARU]
開講学部等 国際社会科学府 対象年次 1〜2 単位数 2 使用言語 日本語
開講時期 春学期 開講曜限   クラス 原価会計特論
特記事項  
ナンバリングコード
授業の目的  
本講義では,会計学を専門とする大学院生として必須の原価計算・管理会計の基本理論を学ぶ。主として,利益管理と原価管理に焦点を当てて学ぶ。
 
授業計画
(項目説明)授業全体のスケジュールを示しています。学修計画を立てる際の参考にしてください。
 
1.ガイダンス
2.経営者のための管理会計
3.企業価値創造のための管理会計
4.キャッシュ・フロー経営
5.原価計算の基礎とIFRS
6.企業評価と財務諸表分析
7.中長期経営計画,利益計画,目標管理
8.企業予算によるマネジメント・コントロール
9.損益分岐点分析による収益性の検討
10.直接原価計算による利益管理
11.標準原価計算によるコスト・コントロール
12.原価企画による戦略的コスト・マネジメント
13.ABCによる製品戦略,原価低減,予算管理
14.戦略的コスト・マネジメント
15.販売促進費,物流費,本社費の管理会計
16.まとめ
 
授業時間外の学修内容
(項目説明)授業全体を通して授業前に予習すべき内容、授業後に復習すべき内容を示しています。単位は、授業時間前後の予習復習を含めて認定されます。
 
各自教科書の該当箇所について,わからない用語等について予習すること。
予習の段階で議論したい内容を見つけること。
教科書の該当箇所について,参考書の記述と比較すること。
授業での議論を踏まえて,新たな疑問点を探し出すこと。
 
履修目標
(項目説明)授業で扱う内容(授業のねらい)を示す目標です。より高度な内容は自主的な学修で身につけることを必要としています。
 
利益管理・原価管理に必要な技法および理論を実践に応用することができる。
 
到達目標
(項目説明)授業を履修する人が最低限身につける内容を示す目標です。履修目標を達成するには、さらなる学修を必要としている段階です。
 
利益管理・原価管理に必要な技法および理論を理解することができる。
 
成績評価の方法
(項目説明)成績評価の方法と評価の配分を示しています。
 
授業中の議論への参加(80%),期末レポート(20%)
 
成績評価の基準 -ルーブリック-
(項目説明)授業別ルーブリックでは評価の項目と、成績評価の基準との関係性を確認できます。(表示されない場合もあります。)
 
【成績評価の基準表】
秀(S)優(A)良(B)可(C)不可(F)
履修目標を越えたレベルを達成している履修目標を達成している履修目標と到達目標の間にあるレベルを達成している到達目標を達成している到達目標を達成できていない
履修目標:授業で扱う内容(授業のねらい)を示す目標
到達目標:授業において最低限学生が身につける内容を示す目標
 
授業の方法
(項目説明)教員が授業をどのように進めるのか、課題提出などの情報もあわせて示しています。
 
教科書を輪読する。毎回レポーターを定め,担当箇所をA45枚程度にまとめ,報告してもらう。それについて全員で議論をする。
 
教科書  
教科書1 ISBN 9784495161460
書名 管理会計 = Management Accounting
著者名 櫻井通晴 著, 出版社 同文舘出版 出版年 2015
 
参考書  
参考書1 ISBN 4765810097
書名 原価計算
著者名 岡本清 著, 出版社 国元書房 出版年 2000
 
参考書補足  
教科書の該当箇所について,参考書と比較すること。
 
備考1  
履修にあたっては,学部レベルの原価計算・管理会計の知識を前提とする。
 
教員からの一言  
学生の時はよく学び,よく遊んでください。友人をたくさん作っていろんなことを語り合ってください。
 
ホームページ  
http://er-web.jmk.ynu.ac.jp/html/MASARU_Takahashi/ja.html
 
↑ ページの先頭へ戻る