タイトル
時間割コード: PB23003 英語シラバス
経営財務特論[Study on Managerial Finance]
 
担当教員
北村 智紀[KITAMURA TOMOKI]
開講学部等 国際社会科学府 対象年次 1〜2 単位数 2 使用言語 英語
開講時期 秋学期 開講曜限   クラス 経営財務特論
特記事項  
ナンバリングコード
授業の目的  
・This course offers an overview of corporate finance, with emphasis on corporate investment decision, capital structure, payout policy, and financial valuation.
・Students are expected to learn basic theories, practice simple cases using Excel worksheets and, participate case studies.
 
授業計画
(項目説明)授業全体のスケジュールを示しています。学修計画を立てる際の参考にしてください。
 
1. Introduction
2. How to calculate present value (Text: Chapter 2)
3. The value of common stocks (Text: Chapter 4)
4. The value of common stocks [Real case] (Text: Chapter 4)
5. Net present value and other investment criteria (Text: Chapter 5)
6. Making investment decisions with net present value (Text: Chapter 6)
7. Making investment decisions with net present value [Discussion] (Text: Chapter 6)
8. Making investment decisions with net present value [Presentation] (Text: Chapter 6)
9. Payout policy (Text: Chapter 16)
10. How much should a corporation borrow? (Text: Chapter 18)
11. Financing and valuation (Text: Chapter 19)
12. Financing and valuation [Discussion] (Text: Chapter 19)
13. Case study [Harvard Case: Introduction]
14. Case study [Discussion]
15. Case study [Presentation]
16. Final examination
 
授業時間外の学修内容
(項目説明)授業全体を通して授業前に予習すべき内容、授業後に復習すべき内容を示しています。単位は、授業時間前後の予習復習を含めて認定されます。
 
・Students are expected to prepare for the class by reading the appropriate chapter of the text, and also prepare discussions and presentations of particular cases.
・Students have to complete home assignments using Excel worksheets.
 
履修目標
(項目説明)授業で扱う内容(授業のねらい)を示す目標です。より高度な内容は自主的な学修で身につけることを必要としています。
 
・The primary course objective is to provide students with basic knowledge of corporate finance and skills in order to be able to apply that knowledge to real corporate problems. We especially emphasize corporate valuation and investment decisions.
 
到達目標
(項目説明)授業を履修する人が最低限身につける内容を示す目標です。履修目標を達成するには、さらなる学修を必要としている段階です。
 
・Students are expected to understand the basic knowledge of cost of capital, net present value, capital structure, and payout policy.
 
成績評価の方法
(項目説明)成績評価の方法と評価の配分を示しています。
 
・Grades will be determined by a final essay, case presentation, class contribution, and assignments.
 
成績評価の基準 -ルーブリック-
(項目説明)授業別ルーブリックでは評価の項目と、成績評価の基準との関係性を確認できます。(表示されない場合もあります。)
 
【成績評価の基準表】
秀(S)優(A)良(B)可(C)不可(F)
履修目標を越えたレベルを達成している履修目標を達成している履修目標と到達目標の間にあるレベルを達成している到達目標を達成している到達目標を達成できていない
履修目標:授業で扱う内容(授業のねらい)を示す目標
到達目標:授業において最低限学生が身につける内容を示す目標
 
授業の方法
(項目説明)教員が授業をどのように進めるのか、課題提出などの情報もあわせて示しています。
 
・The lectures will follow and expand on the text topic.
・Homework assignments will be simple case practices using Excel worksheets.
・Case studies will be done by group-work discussion and presentations.
 
教科書  
教科書1 ISBN 9781259253331
書名 Principal of Corporate Finance
著者名 Brealey, Myers, and Allen 出版社 McGraw-Hill 出版年 2017
 
キーワード  
Corporate finance, Corporate valuation, Net present value, Capital structure, Payout policy
 
↑ ページの先頭へ戻る