タイトル
時間割コード: PB24103 日本語シラバス
特殊講義(Shanghai Study Visit [Chinese Business-Economy])[Shanghai Study Visit [Chinese Business-Economy]]
 
担当教員
ソーントン タケシ[THORNTON TAKESHI]
開講学部等 国際社会科学府 対象年次 1〜2 単位数 2 使用言語 英語
開講時期 春学期 開講曜限   クラス 特殊講義(Shanghai Study Visit
特記事項  
ナンバリングコード
授業の目的  
The purpose of this class, which will be conducted entirely in ENGLISH, is to obtain a deep understanding of management and economy in China through a week-long study visit to Shanghai. Lectures will be provided by professors from the East China Normal University (ECNU) MBA Education Center. ECNU will also coordinate the company visits. Students will have ample opportunity to interact with Chinese MBA students as an additional route to obtain current information, knowledge, and understanding.
 
授業計画
(項目説明)授業全体のスケジュールを示しています。学修計画を立てる際の参考にしてください。
 
The course has generally been run in September. Specific dates are not yet finalized.
(The following is subject to change.)
Day 1 - Sunday
Arrive in Shanghai / Review Handbook
Day 2 - Monday
1. Orientation
2. Lecture 1
Lunch
3. Lecture 2
4. Working Dinner (Welcome Dinner)
Day 3 - Tuesday
5. Lecture 3
6. Lecture 4
Day 4 - Wednesday
8. Company Visit 1
9. Company Visit 2
Day 5 - Thursday
10. Company Visit 3
11. Company Visit 4
Day 6 - Friday
12. Lecture 5
13. Lecture 6
14. Student Presentations & Closing Ceremony
Day 7 - Saturday
15. Cultural fieldwork (independent)
Day 8 - Sunday
Depart from Shanghai - return to Japan
16. Term Paper(期末レポートに代わる提出物)
(Please note the above schedule is subject to change.)
 
授業時間外の学修内容
(項目説明)授業全体を通して授業前に予習すべき内容、授業後に復習すべき内容を示しています。単位は、授業時間前後の予習復習を含めて認定されます。
 
Students should familiarize themselves with Shanghai and the basics of Chinese business, including the challenges faced by Japanese companies operating in China.
 
履修目標
(項目説明)授業で扱う内容(授業のねらい)を示す目標です。より高度な内容は自主的な学修で身につけることを必要としています。
 
Explain the challenges faced by Japanese companies in China and propose ways to overcome theses challenges
 
到達目標
(項目説明)授業を履修する人が最低限身につける内容を示す目標です。履修目標を達成するには、さらなる学修を必要としている段階です。
 
-Explain the current economic trends and challenges facing companies in China
-Explain the influence of Chinese culture on doing business and economic trends in China.
 
成績評価の方法
(項目説明)成績評価の方法と評価の配分を示しています。
 
Attendance and participation during Day 2 to 7 in Shanghai = 60%
Term Paper = 40%
 
成績評価の基準 -ルーブリック-
(項目説明)授業別ルーブリックでは評価の項目と、成績評価の基準との関係性を確認できます。(表示されない場合もあります。)
 
【成績評価の基準表】
秀(S)優(A)良(B)可(C)不可(F)
履修目標を越えたレベルを達成している履修目標を達成している履修目標と到達目標の間にあるレベルを達成している到達目標を達成している到達目標を達成できていない
履修目標:授業で扱う内容(授業のねらい)を示す目標
到達目標:授業において最低限学生が身につける内容を示す目標
【授業別ルーブリック】
評価項目評価基準
期待している以上である十分に満足できる(履修目標)やや努力を要する努力を要する(到達目標)相当の努力を要する
理解度授業内容を越えた自主的な学修が認められる。授業内容をほぼ100%理解している。到達目標は理解しているが、授業内容に不足がある。到達目標に達していることが認められる。到達目標に達していない。
課題解法能力解法が分からない他人にアドバイスができる。何も参照せずに独自の能力で課題を解くことができる。参考書などを参考にすれば、独自で課題を解くことができる。他人のアドバイスがあれば課題を解くことができる。他人のアドバイスがあっても自発的に課題を解くことができない。
調査能力(予習)自ら進んで予習範囲を越えて調べている。予習範囲を十分に理解し、他人に説明できる。指示した予習範囲の理解にあいまいな点がある。指示された範囲は予習するが、理解が不十分である。指示された範囲は予習が不十分である。
 
授業の方法
(項目説明)教員が授業をどのように進めるのか、課題提出などの情報もあわせて示しています。
 
Students will travel to Shanghai and attend the lectures and site visits. On the sixth day in Shanghai, students will make brief presentations about their findings on the trip. Students will submit to the Graduate School Office (経営学務係、郵送可) a hard-copy term paper (8 to 10 pages, in Japanese or English) within one month (必着) of the completion of the course. The term paper must include the following three items: (1) Brief summary of what you learned each day in Shanghai (one paragraph per day); (2) Your own opinion, impression, and reflection on the content of the course (1 page or less); and (3) an essay on, “The Challenges facing Japanese Companies in China and how to overcome these challenges” (3-4 pages).
 
教科書  
教科書1 ISBN
書名 -
著者名 出版社 出版年
 
教科書補足  
-
 
参考書  
参考書1 ISBN
書名 -
著者名 出版社 出版年
 
参考書補足  
-
 
履修条件および関連科目
(項目説明)この授業を履修するにあたってあらかじめ履修が必要な授業,並行して履修することによって学修効果を高める授業などを示しています。
 
Interested students should contact the International Programs Office and the instructor of this course. Students will be screened as necessary. Each student is responsible for his or her expenses related to traveling to and from Shanghai and staying in Shanghai.本特殊講義は、社会人専修コース以外の経営学専攻博士課程前期の学生(2年生以上)、及び、経営学専攻博士課程後期の学生、及び、経営学部の学生(4年生以上)のみが履修することができる。なお、経営学専攻博士課程前期経営学専攻社会人専修コースの学生は、本特殊講義と同様の内容である「特殊講義(Shanghai Study Visit [Business and Economy in China])」を履修することができる。
 
↑ ページの先頭へ戻る