タイトル
時間割コード: PB50001 日本語シラバス
リサーチ・メソッド[Research Method]
 
担当教員
曺 斗燮, 大沼 雅也, 松井 美樹, 田名部 元成[CHO DU-SOP, ONUMA MASAYA, MATSUI YOSHIKI, TANABU MOTONARI]
開講学部等 国際社会科学府 対象年次   単位数 2 使用言語 日本語
開講時期 春学期 開講曜限   クラス リサーチ・メソッド
特記事項  
ナンバリングコード
授業の目的  
専修コースでの最終成果としての特定課題論文の計画的な作成、さらには博士課程前期専修コースから博士課程後期への進学が増加していることもあり、修士学位、博士学位取得を効果的に行うためには、段階的に専門領域を深耕させるためのメソッドとテクニックが不可欠となる。それを身につけるためには、専修コースで作成する特定課題論文に関連し、研究論文としての修士論文の作成手順、さらにその延長上で作成する博士論文に至るまでの研究の展開を理解することが必要である。本講義では、そのような長期的な研究成果完遂のための研究方法論の理解を目指す。
 
授業計画
(項目説明)授業全体のスケジュールを示しています。学修計画を立てる際の参考にしてください。
 
1.国際経営(曺)
2.国際経営(曺)
3.国際経営(曺)
4.イノベーションマネジメント(大沼)
5.イノベーションマネジメント(大沼)
6.イノベーションマネジメント(大沼)
7.オペレーションズ&サプライチェーンマネジメント(松井)
8.オペレーションズ&サプライチェーンマネジメント(松井)
9.オペレーションズ&サプライチェーンマネジメント(松井)
10.情報システム(田名部)
11.情報システム(田名部)
12.情報システム(田名部)
 
授業時間外の学修内容
(項目説明)授業全体を通して授業前に予習すべき内容、授業後に復習すべき内容を示しています。単位は、授業時間前後の予習復習を含めて認定されます。
 
関連文献のリーディング。
 
履修目標
(項目説明)授業で扱う内容(授業のねらい)を示す目標です。より高度な内容は自主的な学修で身につけることを必要としています。
 
研究手法を理解できるようになること。
 
到達目標
(項目説明)授業を履修する人が最低限身につける内容を示す目標です。履修目標を達成するには、さらなる学修を必要としている段階です。
 
アカデミックな論文の特徴、構造、作り方を理解し、そのための段取りを進めることができる。
 
成績評価の方法
(項目説明)成績評価の方法と評価の配分を示しています。
 
出席状況,議論の状況,レポートによる
 
成績評価の基準 -ルーブリック-
(項目説明)授業別ルーブリックでは評価の項目と、成績評価の基準との関係性を確認できます。(表示されない場合もあります。)
 
【成績評価の基準表】
秀(S)優(A)良(B)可(C)不可(F)
履修目標を越えたレベルを達成している履修目標を達成している履修目標と到達目標の間にあるレベルを達成している到達目標を達成している到達目標を達成できていない
履修目標:授業で扱う内容(授業のねらい)を示す目標
到達目標:授業において最低限学生が身につける内容を示す目標
 
授業の方法
(項目説明)教員が授業をどのように進めるのか、課題提出などの情報もあわせて示しています。
 
講義では、多様な研究キャリアを持つ4名の教員が、それぞれの研究領域における研究方法論を講義する。そこでは、具体的な研究テーマの選定方法に始まり、先行研究のレビュー方法、論文の体裁、数量的研究分析ツール,事例研究の方法、理論研究と実証研究など様々な研究方法論を教員自身の体験に基づき講義する。さらに、各分野の代表的な古典的文献や最先端の研究書まで各種文献紹介なども行う。
 
教員からの一言  
僕が好きな言葉に”Me-Too is Not My Style"というものがあります。台湾のPC大手エイサーの創業者の言葉だそうで、自分の意見や考え方を持つことの大事さを強調したものといえます。幅広い読書、世界中への旅行、さまざまな友人とのディスカッションなどを通じて、大学の4年が今までの自分とは異なる自分、そして人とは異なる自分を創り上げる貴重な時間になってほしいと思います。
 
↑ ページの先頭へ戻る