タイトル
時間割コード: PB50009 日本語シラバス
ヒューマンリソース・マネジメント[Human Resource Management]
 
担当教員
柴田 裕通[SHIBATA HIROMICHI]
開講学部等 国際社会科学府 対象年次   単位数 2 使用言語 日本語
開講時期 秋学期 開講曜限   クラス ヒューマンリソース・マネジメン
特記事項  
ナンバリングコード
授業の目的  
国際比較の観点から、日本企業の人事管理についての理解を深める。
 
授業計画
(項目説明)授業全体のスケジュールを示しています。学修計画を立てる際の参考にしてください。
 
1.概要(ポイント・進め方)
2.企業経営と人事労務管理
3.雇用管理
4.人事制度
5.賃金管理
6.昇進管理
7.労働時間管理
8.能力開発
9.非正規従業員と派遣労働者
10.従業員の生活支援
11.労使関係管理
12.人事労務管理の新しい潮流
13.研究テーマの発表
14.まとめ
 
授業時間外の学修内容
(項目説明)授業全体を通して授業前に予習すべき内容、授業後に復習すべき内容を示しています。単位は、授業時間前後の予習復習を含めて認定されます。
 
・参考文献を事前に読み、要点を整理しておくことが求められる。
・レポート課題は、要点の整理とともに、自分の考えを論じることが望まれる。
・復習として、講義、講義での議論、講義で指摘された関連文献を読み、講義内容の深い理解
が求められる。
 
履修目標
(項目説明)授業で扱う内容(授業のねらい)を示す目標です。より高度な内容は自主的な学修で身につけることを必要としています。
 
1.人事管理に関する理論と現実を深く理解でき、国際人事管理の基礎能力を確実に得る
ことができる。
2.人事管理における重要な課題を発見し、深く分析し、解決するための具体的な方策を
検討する能力を得ることができる。
3.双方向・参加型講義により、高いコミュニケーション能力、高い創造性能力を得ることが
できる。
 
到達目標
(項目説明)授業を履修する人が最低限身につける内容を示す目標です。履修目標を達成するには、さらなる学修を必要としている段階です。
 
日本企業の人事管理に関する理論と現実、特徴と課題が理解できる。
 
成績評価の方法
(項目説明)成績評価の方法と評価の配分を示しています。
 
出席・議論への参加(50%)、発表(50%)
 
成績評価の基準 -ルーブリック-
(項目説明)授業別ルーブリックでは評価の項目と、成績評価の基準との関係性を確認できます。(表示されない場合もあります。)
 
【成績評価の基準表】
秀(S)優(A)良(B)可(C)不可(F)
履修目標を越えたレベルを達成している履修目標を達成している履修目標と到達目標の間にあるレベルを達成している到達目標を達成している到達目標を達成できていない
履修目標:授業で扱う内容(授業のねらい)を示す目標
到達目標:授業において最低限学生が身につける内容を示す目標
 
授業の方法
(項目説明)教員が授業をどのように進めるのか、課題提出などの情報もあわせて示しています。
 
講義・ビデオ・受講者の発表により進める。
 
参考書  
参考書1 ISBN 9784641123243
書名 新しい人事労務管理
著者名 佐藤博樹,藤村博之,八代充史 出版社 有斐閣 出版年 2007
参考書2 ISBN 9784492260722
書名 仕事の経済学
著者名 小池和男 出版社 東洋経済新報社 出版年 2005
参考書3 ISBN 9784532195458
書名 これからの経営学
著者名 日本経済新聞社 編 出版社 日本経済新聞出版社 出版年 2010
参考書4 ISBN 9784532316372
書名 外資が変える日本的経営 : ハイブリッド経営の組織論
著者名 ジョージ・オルコット 出版社 日本経済新聞出版社 出版年 2010
 
↑ ページの先頭へ戻る