タイトル
時間割コード: PB50010 日本語シラバス
グローバル・マネジメント[Global Management]
 
担当教員
曺 斗燮[CHO DU-SOP]
開講学部等 国際社会科学府 対象年次   単位数 2 使用言語 日本語
開講時期 春学期 開講曜限   クラス グローバル・マネジメント
特記事項  
ナンバリングコード
授業の目的  
国際ビジネスは国内ビジネスの単なる延長ではないという点を明確に認識し、国際ビジネスにかかわるさまざまなチャンスと課題について、その本質を理解し、対応していける能力の涵養を目指す。より具体的には、ダイナミックな変化を遂げるグローバル環境、グローバル組織、グローバル戦略に関する最新の概念やフレームワーク、ケース研究を通じて、現状を理解し、経営理論の応用能力を身につけることを目的とする。
 
授業計画
(項目説明)授業全体のスケジュールを示しています。学修計画を立てる際の参考にしてください。
 
1.オリエンテーション
2.グローバル経営の考え方
3.グローバル環境変化
4.グローバル経営戦略
5.グローバル経営組織
6.海外子会社の役割論
7.グローバル統合論
8.トランスナショナル経営論
9.メタナショナル経営論
10.グローバルイノベーション論
11.グローバルR&D論
12.グローバル提携論
13.グローバル人材論
14.グローバル文化論
15.グローバル企業理念論
16.総合ディスカッション
 
授業時間外の学修内容
(項目説明)授業全体を通して授業前に予習すべき内容、授業後に復習すべき内容を示しています。単位は、授業時間前後の予習復習を含めて認定されます。
 
講義中紹介する文献を熟読すること
 
履修目標
(項目説明)授業で扱う内容(授業のねらい)を示す目標です。より高度な内容は自主的な学修で身につけることを必要としています。
 
基本概念を理解し、それをベースにして自分の問題を作ることができる。
 
到達目標
(項目説明)授業を履修する人が最低限身につける内容を示す目標です。履修目標を達成するには、さらなる学修を必要としている段階です。
 
国際ビジネスと国内ビジネスとの質的な違いを認識できる
国際ビジネス固有の概念やフレームワークを理解し、その概念で現状を表現することができる。
国際ビジネスの基本課題を経営学の一般理論から応用する能力が身に付く。そして自分なりの問題解決方法を考えることができる。
 
成績評価の方法
(項目説明)成績評価の方法と評価の配分を示しています。
 
出欠、報告、ディスカッションへのコミットメント等を総合評価。
 
成績評価の基準 -ルーブリック-
(項目説明)授業別ルーブリックでは評価の項目と、成績評価の基準との関係性を確認できます。(表示されない場合もあります。)
 
【成績評価の基準表】
秀(S)優(A)良(B)可(C)不可(F)
履修目標を越えたレベルを達成している履修目標を達成している履修目標と到達目標の間にあるレベルを達成している到達目標を達成している到達目標を達成できていない
履修目標:授業で扱う内容(授業のねらい)を示す目標
到達目標:授業において最低限学生が身につける内容を示す目標
 
授業の方法
(項目説明)教員が授業をどのように進めるのか、課題提出などの情報もあわせて示しています。
 
担当教員による講義、受講者の発表に基づくディスカッション中心の授業を進める。
テキストは用いないが必要に応じて資料などは配布する。
iPadを利用したpaperless授業形式を採用する。参加者全員はこれに備えた機器を持参すること。
 
教科書補足  
講義中に適宜紹介する。
 
教員からの一言  
僕が好きな言葉に”Me-Too is Not My Style"というものがあります。台湾のPC大手エイサーの創業者の言葉だそうで、自分の意見や考え方を持つことの大事さを強調したものといえます。幅広い読書、世界中への旅行、さまざまな友人とのディスカッションなどを通じて、大学の4年が今までの自分とは異なる自分、そして人とは異なる自分を創り上げる貴重な時間になってほしいと思います。
 
↑ ページの先頭へ戻る