タイトル
時間割コード: PB50011 日本語シラバス
管理会計[Management Accounting]
 
担当教員
中村 博之[NAKAMURA HIROYUKI]
開講学部等 国際社会科学府 対象年次   単位数 2 使用言語 日本語
開講時期 秋学期 開講曜限   クラス 管理会計
特記事項  
ナンバリングコード
授業の目的  
管理会計とは、企業の各階層の経営管理者に対し、経営管理に必要な情報を提供するための理論と技術である。優れた業績を達成する企業には、必ず経営管理のための優れた管理会計が存在すると言っても過言ではない。本講義の目的では、管理会計情報の作成方法と活用方法について習得することである。
 
授業計画
(項目説明)授業全体のスケジュールを示しています。学修計画を立てる際の参考にしてください。
 
1 管理会計の概要と体系
2 財務諸表と原価計算
3 コストの概念と計算①
4 コストの概念と計算②
5 損益分岐分析
6 直接原価計算
7 業績評価会計
8 バランス・スコアカード
9 標準原価計算
10 原価企画
11 投資プロジェクト意思決定会計
12 グローバル管理会計
 
授業時間外の学修内容
(項目説明)授業全体を通して授業前に予習すべき内容、授業後に復習すべき内容を示しています。単位は、授業時間前後の予習復習を含めて認定されます。
 
教科書及び配布資料を事前に読了すること。最終的に提出するレポートに備えて、各回の講義概要を作成すること。
 
履修目標
(項目説明)授業で扱う内容(授業のねらい)を示す目標です。より高度な内容は自主的な学修で身につけることを必要としています。
 
様々な組織特性に応じ、それに適した管理会計システムについて具体的に説明できるようになること。
 
到達目標
(項目説明)授業を履修する人が最低限身につける内容を示す目標です。履修目標を達成するには、さらなる学修を必要としている段階です。
 
管理会計における情報の作成および利用を他者に説明できるようになること。
 
成績評価の方法
(項目説明)成績評価の方法と評価の配分を示しています。
 
出席状況(70%)と期末レポート(30%)
 
成績評価の基準 -ルーブリック-
(項目説明)授業別ルーブリックでは評価の項目と、成績評価の基準との関係性を確認できます。(表示されない場合もあります。)
 
【成績評価の基準表】
秀(S)優(A)良(B)可(C)不可(F)
履修目標を越えたレベルを達成している履修目標を達成している履修目標と到達目標の間にあるレベルを達成している到達目標を達成している到達目標を達成できていない
履修目標:授業で扱う内容(授業のねらい)を示す目標
到達目標:授業において最低限学生が身につける内容を示す目標
【授業別ルーブリック】
評価項目評価基準
期待している以上である十分に満足できる(履修目標)やや努力を要する努力を要する(到達目標)相当の努力を要する
理解度授業内容を越えた自主的な学修が認められる。授業内容をほぼ100%理解している。到達目標は理解しているが、授業内容に不足がある。到達目標に達していることが認められる。到達目標に達していない。
課題解法能力解法が分からない他人にアドバイスができる。何も参照せずに独自の能力で課題を解くことができる。参考書などを参考にすれば、独自で課題を解くことができる。他人のアドバイスがあれば課題を解くことができる。他人のアドバイスがあっても自発的に課題を解くことができない。
調査能力(予習)自ら進んで予習範囲を越えて調べている。予習範囲を十分に理解し、他人に説明できる。指示した予習範囲の理解にあいまいな点がある。指示された範囲は予習するが、理解が不十分である。指示された範囲は予習が不十分である。
 
授業の方法
(項目説明)教員が授業をどのように進めるのか、課題提出などの情報もあわせて示しています。
 
教科書について、毎回レポーターが概要を報告し、全員で議論する。その際、基礎的な計算問題演習も行う。学期末には、提示した課題に関するレポートを提出してもらう。
 
教科書  
教科書1 ISBN 4254275358
書名 企業経営の財務と会計
著者名 蜂谷・中村 出版社 朝倉書店 出版年 2001
 
教科書補足  
-
 
参考書  
参考書1 ISBN 9784765810098
書名 原価計算
著者名 岡本清 著, 出版社 国元書房 出版年 2000
参考書2 ISBN 9784502136412
書名 テキスト原価会計(第2版)
著者名 高橋賢 出版社 中央経済社 出版年 2015
 
参考書補足  
-
 
履修条件および関連科目
(項目説明)この授業を履修するにあたってあらかじめ履修が必要な授業,並行して履修することによって学修効果を高める授業などを示しています。
 
アカウンティングの履修が望ましい。
 
キーワード  
会計、経営管理、コスト、業績評価
 
↑ ページの先頭へ戻る