タイトル
時間割コード: PB50013 日本語シラバス
サステナビリティ・マネジメント[Sustainability Management]
 
担当教員
八木 裕之[YAGI HIROYUKI]
開講学部等 国際社会科学府 対象年次   単位数 2 使用言語 日本語
開講時期 秋学期 開講曜限   クラス サステナビリティ・マネジメント
特記事項  
ナンバリングコード
授業の目的  
サステナビリティ社会における企業経営のためには、企業活動のサステナビリティに関わる側面を把握し、経営戦略に組み込んでいくことが必要不可欠になってきている。本講義では、ケーススタディを取り入れながら、環境問題・社会問題を中心にサステナビリティ・マネジメントについて解説すると同時に、今後の企業経営とサステナビリティ社会のあり方について議論する。
 
授業計画
(項目説明)授業全体のスケジュールを示しています。学修計画を立てる際の参考にしてください。
 
1. サステナビリティ・マネジメント概論
2. 環境マネジメントと情報開示
3. サステナビリティ・マネジメントと情報開示
4. サステイナビリティ社会における企業価値
5. SDGsと企業戦略
6. 環境戦略と環境会計
7. 財務会計と環境問題
8. 気候変動と企業経営
9. 資産除去債務
10.環境報告と財務報告
11.環境管理会計:マテリアルフローコスト会計
12.レポート・プレゼン

ゲストスピーカーによる講演があるときは講義内容と順番が変更になる。
 
授業時間外の学修内容
(項目説明)授業全体を通して授業前に予習すべき内容、授業後に復習すべき内容を示しています。単位は、授業時間前後の予習復習を含めて認定されます。
 
1.講義の板書・配布スライドの内容を復習する。
2.講義内容に対応する教科書部分を読んで理解する。
3.講義内容に該当する具体的な企業の取り組みをサステナビリティ報告書などから探して 評価する。
 
履修目標
(項目説明)授業で扱う内容(授業のねらい)を示す目標です。より高度な内容は自主的な学修で身につけることを必要としています。
 
1.サステナビリティの考え方を理解し、企業の将来の在り方について考察する。
2.企業活動の諸側面(経済・環境・社会)とそのマネジメントについて理解する。
3.環境会計の基本的なしくみを理解し,内容を評価する力を習得する。
4.企業のサステナビリティ戦略や環境戦略を評価する力を習得する。
 
到達目標
(項目説明)授業を履修する人が最低限身につける内容を示す目標です。履修目標を達成するには、さらなる学修を必要としている段階です。
 
1.サステナビリティの考え方を理解する。
2.企業活動の諸側面(経済・環境・社会)とそのマネジメントについて理解する。
3.環境会計の基本的なしくみを理解する。

 
成績評価の方法
(項目説明)成績評価の方法と評価の配分を示しています。
 
レポート×2回(70%)、ディスカッション(20%)、プレゼン(10%)で評価する。
 
成績評価の基準 -ルーブリック-
(項目説明)授業別ルーブリックでは評価の項目と、成績評価の基準との関係性を確認できます。(表示されない場合もあります。)
 
【成績評価の基準表】
秀(S)優(A)良(B)可(C)不可(F)
履修目標を越えたレベルを達成している履修目標を達成している履修目標と到達目標の間にあるレベルを達成している到達目標を達成している到達目標を達成できていない
履修目標:授業で扱う内容(授業のねらい)を示す目標
到達目標:授業において最低限学生が身につける内容を示す目標
【授業別ルーブリック】
評価項目評価基準
期待している以上である十分に満足できる(履修目標)やや努力を要する努力を要する(到達目標)相当の努力を要する
理解度授業内容を越えた自主的な学修が認められる。授業内容をほぼ100%理解している。到達目標は理解しているが、授業内容に不足がある。到達目標に達していることが認められる。到達目標に達していない。
課題解法能力独自の視点から分析指標を作成することができる。何も参照せずに独自の能力で分析指標を作成することができる。参考書などを参考にして、分析指標を作成することができる。他人のアドバイスがあれば分析指標を作成することができる。他人のアドバイスがあっても分析指標を作成することができない。
調査能力自ら進んで独自の企業評価を行うことができる。対象企業の的確な評価を行うことができる。対象企業の評価を行うことができる。対象企業の評価を行うことができるが、理解の不十分な部分がある。企業評価ができない。
 
授業の方法
(項目説明)教員が授業をどのように進めるのか、課題提出などの情報もあわせて示しています。
 
配布資料・パワーポイントを用いた講義を中心に、必要に応じてゲストスピーカーの講演、履修者によるプレゼン、ディスカッションを行う。
 
教科書補足  
 
参考書  
参考書1 ISBN 9784839421304
書名 サステナビリティ社会のための生態会計入門
著者名 河野・八木・千葉 出版社 森山書店 出版年 2013年
参考書2 ISBN 9784542402454
書名 ISO 26000:2010社会的責任に関する手引 : 日本語訳
著者名 日本規格協会編,ISO/SR国内委員会 監修 出版社 日本規格協会 出版年 2011年
参考書3 ISBN なし
書名 環境報告ガイドライン2012年版
著者名 環境省 出版社 出版年 2012
参考書4 ISBN なし
書名 GRIガイドラインスタンダード
著者名 GRI 出版社 出版年 2013年
参考書5 ISBN なし
書名 国際統合報告フレームワーク日本語版
著者名 国際統合報告協議会 出版社 出版年 2013年
 
キーワード  
環境会計(Environmental Financial Accounting)、環境報告書(Environmental Reporting)、サステナビリティ報告書(Sustainability Reporting)、環境経営(Environmental Management)、サステナビリティ経営(Sustainability Management)
 
参照ホームページ  
http://www.env.go.jp/policy/
 
↑ ページの先頭へ戻る