タイトル
時間割コード: PB50015 日本語シラバス
企業財務[Corporate Finance]
 
担当教員
北村 智紀[KITAMURA TOMOKI]
開講学部等 国際社会科学府 対象年次   単位数 2 使用言語 日本語
開講時期 秋学期 開講曜限   クラス 企業財務
特記事項  
ナンバリングコード
授業の目的  
・コース前半ではテキストを利用しながら、資本コスト、企業価値評価、投資意思決定、資本構成、配当政策などの企業財務 (コーポレートファイナンス)の基本的な理論を履修します。
・後半では論文研究とケーススタディーを行い、知識を広めるとともに、より実践的な応用を目指します。
 
授業計画
(項目説明)授業全体のスケジュールを示しています。学修計画を立てる際の参考にしてください。
 
1.イントロダクション
2.コーポレートファイナンスの概要
3.資本コストと価値評価(教科書第2章)
4.資本コストと企業経営(教科書第3章)
5.教科書にあるケーススタディー(教科書第4-5章)
6.負債の利用と企業価値(教科書第7章)
7.最適な負債?率の探求(教科書第8章)
8.教科書にあるケーススタディー(教科書第9-10章)
9.配当政策(教科書第12章)
10.自社株買い(教科書第13章)
11.論文研究1 (Journal of Finance:資本構成の実証分析)
12.論文研究2 (Journal of Finance:配当政策の実証分析)
13.ケーススタディー1 (Harvard Business Schoolケース?エレクトロニクス関連企業のバイアウト)

論文,ケーススタディーの内容は履修者の希望により変更する場合もあります.
 
授業時間外の学修内容
(項目説明)授業全体を通して授業前に予習すべき内容、授業後に復習すべき内容を示しています。単位は、授業時間前後の予習復習を含めて認定されます。
 
・事前にテキストの該当箇所をみておく必要があります。
・講義後にエクセルを利⽤した課題を完成させます。
・テキストや講義の内容と⾃社の状況を⽐較してください。
 
履修目標
(項目説明)授業で扱う内容(授業のねらい)を示す目標です。より高度な内容は自主的な学修で身につけることを必要としています。
 
資本コスト、正味現在価値(NPV)、資本構成、配当政策を理解し、論⽂研究やケーススタディーに応⽤できるようになる。⾃社のプロジェクト評価などができるようになる。
 
到達目標
(項目説明)授業を履修する人が最低限身につける内容を示す目標です。履修目標を達成するには、さらなる学修を必要としている段階です。
 
資本コスト、正味現在価値(NPV)、資本構成、配当政策を理解できる。
 
成績評価の方法
(項目説明)成績評価の方法と評価の配分を示しています。
 
期末試験(ケースプレゼンテーション)34%,宿題33%,講義における貢献33%
 
成績評価の基準 -ルーブリック-
(項目説明)授業別ルーブリックでは評価の項目と、成績評価の基準との関係性を確認できます。(表示されない場合もあります。)
 
【成績評価の基準表】
秀(S)優(A)良(B)可(C)不可(F)
履修目標を越えたレベルを達成している履修目標を達成している履修目標と到達目標の間にあるレベルを達成している到達目標を達成している到達目標を達成できていない
履修目標:授業で扱う内容(授業のねらい)を示す目標
到達目標:授業において最低限学生が身につける内容を示す目標
 
授業の方法
(項目説明)教員が授業をどのように進めるのか、課題提出などの情報もあわせて示しています。
 
コース前半はテキストに沿って講義を行います。エクセルを利用した実習があります。後半は実証分析の論文とハーバードのケース(予定)を取り上げます。ケースはグループワークで検討してもらい、検討結果についてプレゼンテーションを行います。
 
教科書  
教科書1 ISBN 9784532133450
書名 日本企業のコーポレートファイナンス
著者名 砂川伸幸, 川北英隆, 杉浦秀徳 著, 出版社 日本経済新聞出版社 出版年 2008
 
履修条件および関連科目
(項目説明)この授業を履修するにあたってあらかじめ履修が必要な授業,並行して履修することによって学修効果を高める授業などを示しています。
 
ファイナンス関連の科目を勉強してみたいと思っている方、誰でも歓迎です。ファイナンス関連の科目をあまり履修していないことを想定して講義を行う予定です(登録者の希望によります)。
 
キーワード  
企業評価,プロジェクト評価,企業財務,財務戦略
 
備考1  
数学的な説明は可能な限り避け、エクセルを用いた実習を重視します。受講した方がファイナンスに好きになってもらえるよう頑張ります。
 
↑ ページの先頭へ戻る