タイトル
時間割コード: PB52004 日本語シラバス
市場分析[Market analysis]
 
担当教員
本橋 永至[MOTOHASHI EIJI]
開講学部等 国際社会科学府 対象年次   単位数 2 使用言語 日本語
開講時期 春学期 開講曜限   クラス 市場分析
特記事項  
ナンバリングコード
授業の目的  
大量多種のマーケティング・データが企業に蓄積されるようになり,マーケティングにおけるデータ活用の重要性が年々高まっている。本講義では,データに基づくマーケティング意思決定を行うための基本的な考え方及び具体的な方法について,講義,実習,レポート課題を通して実践的に学ぶ。データ分析の実習では,フリーソフトウェアRとサンプルデータを用いて,代表的な分析手法を学ぶ。また,調査演習課題では,調査課題の設定,質問紙の作成,データ分析までを通して行う。
 
授業計画
(項目説明)授業全体のスケジュールを示しています。学修計画を立てる際の参考にしてください。
 
1. マーケティング・リサーチとは
2. マーケティング・データの種類
3. 質問紙の作成方法
4. 統計的仮説検定の基礎
5. 消費者行動分析の基礎
6. 消費者の分類-クラスター分析-
7. 市場構造分析-因子分析-
8. 価格やチラシの効果を検証する-回帰分析-
9. ダイレクトメールの反応を予測する-ロジスティック回帰分析-
10. ブランド選択行動の要因を把握する-多項ロジット分析-
11. 商品の同時購買の関係を発見する-マーケット・バスケット分析-
12. 受講者による課題の発表
 
授業時間外の学修内容
(項目説明)授業全体を通して授業前に予習すべき内容、授業後に復習すべき内容を示しています。単位は、授業時間前後の予習復習を含めて認定されます。
 
・授業内で扱ったRのプログラムを自分で実際に実行してみること。
・授業の理解が不十分であれば,担当教員に質問するなどして早めに理解するよう心がけること。
 
履修目標
(項目説明)授業で扱う内容(授業のねらい)を示す目標です。より高度な内容は自主的な学修で身につけることを必要としています。
 
1. マーケティング・データの種類とその活用領域を理解し,データの効果的な活用方法を提案できる。
2. マーケティング・リサーチの手順を理解し,自分で調査を実施できる。
3. マーケティング・データを適切な手法を用いて分析し,分析結果に基づいて,最適なマーケティング施策を提案できる。
 
到達目標
(項目説明)授業を履修する人が最低限身につける内容を示す目標です。履修目標を達成するには、さらなる学修を必要としている段階です。
 
1. マーケティング・データの種類とその活用領域を理解できる。[a]
2. マーケティング・リサーチの手順を理解できる。[a]
3. マーケティング・データを適切な手法を用いて分析できる。[b]
 
成績評価の方法
(項目説明)成績評価の方法と評価の配分を示しています。
 
・研究発表(50%)
・課題(50%)
 
成績評価の基準 -ルーブリック-
(項目説明)授業別ルーブリックでは評価の項目と、成績評価の基準との関係性を確認できます。(表示されない場合もあります。)
 
【成績評価の基準表】
秀(S)優(A)良(B)可(C)不可(F)
履修目標を越えたレベルを達成している履修目標を達成している履修目標と到達目標の間にあるレベルを達成している到達目標を達成している到達目標を達成できていない
履修目標:授業で扱う内容(授業のねらい)を示す目標
到達目標:授業において最低限学生が身につける内容を示す目標
 
授業の方法
(項目説明)教員が授業をどのように進めるのか、課題提出などの情報もあわせて示しています。
 
・講義と分析演習を並行して行う。
・ノートPCを持参できることが望ましい。
 
キーワード  
マーケティング・リサーチ, データ分析, 統計分析
 
↑ ページの先頭へ戻る