タイトル
時間割コード: PB52010 日本語シラバス
経営史[Business History]
 
担当教員
青木 洋[AOKI HIROSHI]
開講学部等 国際社会科学府 対象年次   単位数 2 使用言語 日本語
開講時期 春学期 開講曜限   クラス 経営史
特記事項  
ナンバリングコード
授業の目的  
日本企業のケースを読み、企業の成功・失敗要因を考えることで、マネジメントの三大要素であるマーケティング、戦略、リーダーシップへの理解を深め、現実の問題解決や将来の機会獲得に結びつけられるようにする。
 
授業計画
(項目説明)授業全体のスケジュールを示しています。学修計画を立てる際の参考にしてください。
 
本学経営学部・青木ゼミで作成したケース教材を用いて、ケース・ディスカッションを行う。取り上げる企業は、下記の12社を予定。なお、カッコ内は副教材。ケースを理解するために役に立つと思われる理論・学説も別途用意する。

1.東横イン
2.CoCo壱番屋(ハウス食品)
3.大塚製薬
4.ヤクルト
5.サントリー(ニッカウヰスキー)
6.しまむら(ニトリ)
7.トヨタ
8.ワコール(ユニチャーム)
9.松下電器
10.京セラ
11.東急電鉄(阪急電鉄)
12.リクシル
 
授業時間外の学修内容
(項目説明)授業全体を通して授業前に予習すべき内容、授業後に復習すべき内容を示しています。単位は、授業時間前後の予習復習を含めて認定されます。
 
1.事前にケースを読み、関連情報を調べる。可能な限り、店舗見学、商品使用、サービス体験なども行う。
2.副教材のケースがある場合は、それも事前に読む。
3.時間に余裕があれば、授業で用意された理論・学説も読んでみる。
4.授業終了後、論点を整理し、次回以降のディスカッションに活かせるようにする。
 
履修目標
(項目説明)授業で扱う内容(授業のねらい)を示す目標です。より高度な内容は自主的な学修で身につけることを必要としています。
 
1.各企業の成功・失敗要因を的確に分析することができる。
2.マーケティング、戦略、リーダーシップの要点を的確に説明することができる。
 
到達目標
(項目説明)授業を履修する人が最低限身につける内容を示す目標です。履修目標を達成するには、さらなる学修を必要としている段階です。
 
1.各企業の成功・失敗要因を分析することができる。
2.マーケティング、戦略、リーダーシップの要点を説明することができる。
 
成績評価の方法
(項目説明)成績評価の方法と評価の配分を示しています。
 
ディスカッションへの貢献度で評価する。なお、この授業はディスカッション形式のため、出席回数が9回に満たない者は不可とする。
 
成績評価の基準 -ルーブリック-
(項目説明)授業別ルーブリックでは評価の項目と、成績評価の基準との関係性を確認できます。(表示されない場合もあります。)
 
【成績評価の基準表】
秀(S)優(A)良(B)可(C)不可(F)
履修目標を越えたレベルを達成している履修目標を達成している履修目標と到達目標の間にあるレベルを達成している到達目標を達成している到達目標を達成できていない
履修目標:授業で扱う内容(授業のねらい)を示す目標
到達目標:授業において最低限学生が身につける内容を示す目標
 
授業の方法
(項目説明)教員が授業をどのように進めるのか、課題提出などの情報もあわせて示しています。
 
1.受講希望者は事前に本学の授業支援システムに登録し、教材をダウンロードする。
2.授業はディスカッション形式で行う。
3.テストやレポートは実施しない。
 
教科書  
教科書1 ISBN
書名 -
著者名 出版社 出版年
 
教科書補足  
経営学部青木ゼミで作成したケース・ディスカッション教材(電子書籍)を使用。
 
参考書補足  
授業支援システムで指示する。
 
キーワード  
ビジネス(business),歴史(history),経営(management),イノベーション(innovation)
 
教員からの一言  
楽しく学ぶ!みんなで学ぶ! 1+1が3になるような授業をともに創っていきましょう!
 
↑ ページの先頭へ戻る