タイトル
時間割コード: VB02001 日本語シラバス
会計制度研究[Accounting System]
 
担当教員
泉 宏之[IZUMI HIROYUKI]
開講学部等 国際社会科学府 対象年次 1〜3 単位数 2 使用言語 日本語
開講時期 春学期 開講曜限   クラス 会計制度研究
特記事項  
ナンバリングコード
授業の目的  
 伊藤邦雄著『新・現代会計入門』は、入門と表記されているが、制度や理論にとどまらず、企業の現実にも焦点をあてた高度な内容を有している。本書を通読することにより、財務会計の基礎概念の整理を行うとともに、会計制度の構造の理解を深め、その現状を把握することを目的としている。

 
授業計画
(項目説明)授業全体のスケジュールを示しています。学修計画を立てる際の参考にしてください。
 
 以下の内容として示したのは『新・現代会計入門』の章である。

1.序 章 現代の企業会計
2.第2章 企業会計の本質とフレームワーク
3.第3章 会計制度の論理と体系
4.第4章 企業のディスクロージャー
5.第5章 損益計算書のパラダイム
6.第6章 経営パフォーマンスの測定と表示
7.第7章 貸借対照表のパラダイム
8.第8章 資産の会計
9.第9章 持分の会計
10.第10章 金融商品の会計
11.第11章 従業員給付の会計
12.第12章 連結グループの会計
13.第13章 企業結合・事業分離の会計
14.第14章 グローバリゼーションの会計
15.終 章 戦略的企業評価にむけて
 
授業時間外の学修内容
(項目説明)授業全体を通して授業前に予習すべき内容、授業後に復習すべき内容を示しています。単位は、授業時間前後の予習復習を含めて認定されます。
 
1.財務会計の基礎概念を整理する。
2.会計制度の構造を整理し、現状を理解する。
 
履修目標
(項目説明)授業で扱う内容(授業のねらい)を示す目標です。より高度な内容は自主的な学修で身につけることを必要としています。
 
財務会計の基礎概念の整理を行うとともに、会計制度の構造の理解を深め、その現状を把握する。
 
到達目標
(項目説明)授業を履修する人が最低限身につける内容を示す目標です。履修目標を達成するには、さらなる学修を必要としている段階です。
 
1.財務会計の各種の基礎概念を、説明することができる。
2.会計制度の構造を、説明することができる。
3.会計制度の現状を、説明することができる。
 
成績評価の方法
(項目説明)成績評価の方法と評価の配分を示しています。
 
受講状況、報告内容、レポート等により、総合的に評価する。
 
成績評価の基準 -ルーブリック-
(項目説明)授業別ルーブリックでは評価の項目と、成績評価の基準との関係性を確認できます。(表示されない場合もあります。)
 
【成績評価の基準表】
秀(S)優(A)良(B)可(C)不可(F)
履修目標を越えたレベルを達成している履修目標を達成している履修目標と到達目標の間にあるレベルを達成している到達目標を達成している到達目標を達成できていない
履修目標:授業で扱う内容(授業のねらい)を示す目標
到達目標:授業において最低限学生が身につける内容を示す目標
 
授業の方法
(項目説明)教員が授業をどのように進めるのか、課題提出などの情報もあわせて示しています。
 
輪読形式による。
 
教科書  
教科書1 ISBN 9784532134488
書名 新・現代会計入門
著者名 伊藤邦雄 出版社 13 出版年 日本経済
 
教科書補足  
 
参考書  
参考書1 ISBN
書名
著者名 出版社 出版年
 
参考書補足  
 
履修条件および関連科目
(項目説明)この授業を履修するにあたってあらかじめ履修が必要な授業,並行して履修することによって学修効果を高める授業などを示しています。
 
履修条件:博士課程前期レベルの財務会計の知識を有していること。
関連科目:財務報告研究、会計学説史研究など、会計関係科目。
 
キーワード  
会計(accounting)
 
↑ ページの先頭へ戻る