タイトル
時間割コード: VB02003 日本語シラバス
会計学説史研究[Theory of Accounting Structure]
 
担当教員
高橋 賢[TAKAHASHI MASARU]
開講学部等 国際社会科学府 対象年次 1〜3 単位数 2 使用言語 日本語
開講時期 春学期 開講曜限   クラス 会計学説史研究
特記事項  
ナンバリングコード
授業の目的  
今回の会計学説史では,主に管理会計の学説に関する古典的な文献を輪読する。管理会計の学説がどのように変遷し,体系化されていったのか,ということを歴史的に明らかにする。
 
授業計画
(項目説明)授業全体のスケジュールを示しています。学修計画を立てる際の参考にしてください。
 
1.イントロダクション
2.リトルトンの会計発達史(1)
3.リトルトンの会計発達史(2)
4.リトルトンの会計発達史(3)
5.管理会計の学説史(1)
6.管理会計の学説史(2)
7.管理会計の学説史(3)
8.管理会計の体系化(1)アメリカの学説研究
9.管理会計の体系化(2)日本の学説研究
10.標準原価計算の発達
11.直接原価計算の発達
12.予算管理の発達
13.ベイヤーの収益性会計
14.アンソニーのマネジメントコントロール論
15.戦略と管理会計の体系
16.まとめ
 
授業時間外の学修内容
(項目説明)授業全体を通して授業前に予習すべき内容、授業後に復習すべき内容を示しています。単位は、授業時間前後の予習復習を含めて認定されます。
 
文献を輪読していくので,該当文献の予習が必須である。また,最終的には学説の変遷の大きな枠組みをレポートにしてもらうため,復習としては,授業で扱った文献を補足する文献を自分で渉猟して補足していく必要がある。
 
履修目標
(項目説明)授業で扱う内容(授業のねらい)を示す目標です。より高度な内容は自主的な学修で身につけることを必要としています。
 
アメリカおよび日本における管理会計の体系が理解できるようになる。
 
到達目標
(項目説明)授業を履修する人が最低限身につける内容を示す目標です。履修目標を達成するには、さらなる学修を必要としている段階です。
 
管理会計を構成する技法の発達について理解することができる。
 
成績評価の方法
(項目説明)成績評価の方法と評価の配分を示しています。
 
授業への参加態度(60%)と期末レポート(40%)
 
成績評価の基準 -ルーブリック-
(項目説明)授業別ルーブリックでは評価の項目と、成績評価の基準との関係性を確認できます。(表示されない場合もあります。)
 
【成績評価の基準表】
秀(S)優(A)良(B)可(C)不可(F)
履修目標を越えたレベルを達成している履修目標を達成している履修目標と到達目標の間にあるレベルを達成している到達目標を達成している到達目標を達成できていない
履修目標:授業で扱う内容(授業のねらい)を示す目標
到達目標:授業において最低限学生が身につける内容を示す目標
 
授業の方法
(項目説明)教員が授業をどのように進めるのか、課題提出などの情報もあわせて示しています。
 
各回指定された文献をレジュメ4〜5枚程度に要約し,報告する。
期末レポートでは,授業で取り扱った文献+αを用いて,15頁程度のレポートを作成してもらう。
 
教科書補足  
授業開始時に文献リストを配付する。
 
参考書補足  
授業開始時に参考となる文献のリストを配付する。
 
履修条件および関連科目
(項目説明)この授業を履修するにあたってあらかじめ履修が必要な授業,並行して履修することによって学修効果を高める授業などを示しています。
 
博士前期課程レベルの原価計算・管理会計の知識を前提とする。
 
キーワード  
管理会計 原価計算 管理会計の体系
 
教員からの一言  
学生の時はよく学び,よく遊んでください。友人をたくさん作っていろんなことを語り合ってください。
 
ホームページ  
http://er-web.jmk.ynu.ac.jp/html/MASARU_Takahashi/ja.html
 
↑ ページの先頭へ戻る