タイトル
時間割コード: VB01012 日本語シラバス
比較社会文化研究[Socio-Cultural Analysis]
 
担当教員
小林 正佳[KOBAYASHI MASAYOSHI]
開講学部等 国際社会科学府 対象年次   単位数 2 使用言語  
開講時期 秋学期 開講曜限   クラス 比較社会文化研究
特記事項  
ナンバリングコード 実務経験のある教員による授業
授業の目的  
グローバル化の進む中、日本企業の社内英語公用語化について相対する見解を示す二者(三木谷浩史と施光恒)の論考を読み、その現状および論点を理解する。それを基に、英語の非ネイティブ国である日本のあるべき姿について考え、受講者各自がこのテーマについての見解をもてるようにする。
 
授業計画
(項目説明)授業全体のスケジュールを示しています。学修計画を立てる際の参考にしてください。
 
1.ガイダンスとイントロダクション
2.社内公用語英語化を宣言
3.楽天英語化プロジェクト・スタート
4.英語は仕事
5.楽天英語化の中間報告
6.楽天グローバル化計画
7.グローバル化は日本の生命線
8.日本を覆う「英語化」政策
9.グローバル化・英語化は歴史の必然なのか
10.「翻訳」と「土着化」がつくった近代日本
11.グローバル化・英語化は民主的なのか
12.英語偏重教育の黒幕、新自由主義者たちの思惑
13.英語化が破壊する日本の良さと強み
14.今後の日本の国づくりと世界秩序構想
15.総括
 
授業時間外の学修内容
(項目説明)授業全体を通して授業前に予習すべき内容、授業後に復習すべき内容を示しています。単位は、授業時間前後の予習復習を含めて認定されます。
 
・予習として、教科書の指定部分は必ず読み、それについての見解をもって授業に臨むこと。
・復習として、日本のグローバル企業にとっての社内英語化の功罪について整理しておくこと。
 
履修目標
(項目説明)授業で扱う内容(授業のねらい)を示す目標です。より高度な内容は自主的な学修で身につけることを必要としています。
 
日本企業の社内英語公用語化の論点を説明でき、この問題に関する日本企業のあるべき姿を説得力ある根拠を基に提示することができる。
 
到達目標
(項目説明)授業を履修する人が最低限身につける内容を示す目標です。履修目標を達成するには、さらなる学修を必要としている段階です。
 
日本企業の社内英語公用語化とは何かを説明でき、この問題に関する日本企業のあるべき姿をについて私見を述べることができる。
 
成績評価の方法
(項目説明)成績評価の方法と評価の配分を示しています。
 
学期中2回のミニレポート(30%)と学期末レポート(70%)による。
 
成績評価の基準 -ルーブリック-
(項目説明)授業別ルーブリックでは評価の項目と、成績評価の基準との関係性を確認できます。(表示されない場合もあります。)
 
【成績評価の基準表】
秀(S)優(A)良(B)可(C)不可(F)
履修目標を越えたレベルを達成している履修目標を達成している履修目標と到達目標の間にあるレベルを達成している到達目標を達成している到達目標を達成できていない
履修目標:授業で扱う内容(授業のねらい)を示す目標
到達目標:授業において最低限学生が身につける内容を示す目標
 
授業の方法
(項目説明)教員が授業をどのように進めるのか、課題提出などの情報もあわせて示しています。
 
オンデマンド型(LMSでの講義資料提供)で授業を行います。

2冊の図書を教科書として輪読していきます。毎週担当者がその内容についてレジュメを用意して発表します。それに基づいて全体でディスカッションします。
 
教科書  
教科書1 ISBN 9784062177634
書名 たかが英語! = ENGLISHNIZATION
著者名 三木谷浩史 著, 出版社 講談社 出版年 2012
教科書2 ISBN 9784087207958
書名 英語化は愚民化 : 日本の国力が地に落ちる
著者名 施光恒 著, 出版社 集英社 出版年 2015
 
教科書補足  
教科書は各自で入手してください。
 
参考書  
参考書1 ISBN 9784309248776
書名 英語が楽天を変えた
著者名 セダール・ニーリー 著,栗木さつき 訳,Neeley, Tsedal,栗木, さつき, 1961-, 出版社 河出書房新社 出版年 2018
 
履修条件および関連科目
(項目説明)この授業を履修するにあたってあらかじめ履修が必要な授業,並行して履修することによって学修効果を高める授業などを示しています。
 
特にありません。
 
キーワード  
社内英語公用語化(English corporate language strategy)
 
教員からの一言  
自分(そして他人や社会)が幸福になるために、たくさん勉強してください。私はそのお手伝いができればと思っています。
 
↑ ページの先頭へ戻る