タイトル
時間割コード: VB01013 日本語シラバス
グローバル・イノベーション・マネジメント研究[Global Innovation Management]
 
担当教員
真鍋 誠司[MANABE SEIJI]
開講学部等 国際社会科学府 対象年次   単位数 2 使用言語  
開講時期 春学期 開講曜限   クラス グローバル・イノベーション・マ
特記事項  
ナンバリングコード 実務経験のある教員による授業
授業の目的  
技術経営に関する評価の高い論文を読むことによって、技術経営の知識を得るとともに、論文の構成や書き方を学ぶことを目的とする。
 
授業計画
(項目説明)授業全体のスケジュールを示しています。学修計画を立てる際の参考にしてください。
 
1. ガイダンス
2. ゼロックスからスピンアウトした研究所
3. インベンションをイノベーションに変える: 概念化期
4. 技術市場、技術組織、そして研究からのリターン
5. 研究から開発への技術移転
6. 吸収能力: 学習とイノベーションに関する新しい視角
7. コーポレート・ベンチャー・キャピタル(CVC)の意味を理解する
8. リード・ユーザー調査に関する覚書
9. 発見主導型計画法
10.断層の上で生き抜く
11.企業内ベンチャープロセスの管理: 実践のためのアドバイス
12.2つの顔を持つ組織: 漸進的な変化と革新的な変化のマネジメント
13.エンジニアリング部門と製造部門間のコミュニケーション: 決定的な要素
14.新製品の学習サイクル
15.「重量級」開発チームの編成と誘導
 
授業時間外の学修内容
(項目説明)授業全体を通して授業前に予習すべき内容、授業後に復習すべき内容を示しています。単位は、授業時間前後の予習復習を含めて認定されます。
 
スケジュールにそって、毎回レジュメを作成することが予習であり、学んだことを自身の研究に活用することが復習となる
 
履修目標
(項目説明)授業で扱う内容(授業のねらい)を示す目標です。より高度な内容は自主的な学修で身につけることを必要としています。
 
毎回、レジュメを作成するとともに、議論に参加すること。
 
到達目標
(項目説明)授業を履修する人が最低限身につける内容を示す目標です。履修目標を達成するには、さらなる学修を必要としている段階です。
 
技術経営の論文を評価すること。
 
成績評価の方法
(項目説明)成績評価の方法と評価の配分を示しています。
 
出席(20%)、報告(40%)、議論への参加状況(40%)で評価する。
 
成績評価の基準 -ルーブリック-
(項目説明)授業別ルーブリックでは評価の項目と、成績評価の基準との関係性を確認できます。(表示されない場合もあります。)
 
【成績評価の基準表】
秀(S)優(A)良(B)可(C)不可(F)
履修目標を越えたレベルを達成している履修目標を達成している履修目標と到達目標の間にあるレベルを達成している到達目標を達成している到達目標を達成できていない
履修目標:授業で扱う内容(授業のねらい)を示す目標
到達目標:授業において最低限学生が身につける内容を示す目標
【授業別ルーブリック】
評価項目評価基準
期待している以上である十分に満足できる(履修目標)やや努力を要する努力を要する(到達目標)相当の努力を要する
理解度授業内容を越えた自主的な学修が認められる。授業内容をほぼ100%理解している。到達目標は理解しているが、授業内容に不足がある。到達目標に達していることが認められる。到達目標に達していない。
課題解法能力解法が分からない他人にアドバイスができる。何も参照せずに独自の能力で課題を解くことができる。参考書などを参考にすれば、独自で課題を解くことができる。他人のアドバイスがあれば課題を解くことができる。他人のアドバイスがあっても自発的に課題を解くことができない。
調査能力(予習)自ら進んで予習範囲を越えて調べている。予習範囲を十分に理解し、他人に説明できる。指示した予習範囲の理解にあいまいな点がある。指示された範囲は予習するが、理解が不十分である。指示された範囲は予習が不十分である。
 
授業の方法
(項目説明)教員が授業をどのように進めるのか、課題提出などの情報もあわせて示しています。
 
 テキスト中の論文について、輪読を行う。なお、報告者は、論文の単なる要約ではなく自分なりの批判も加えて報告することとし、論文の内容や報告者の批判について受講生全体で議論する。
 なお、本授業は、全てオンライン(リアルタイム)で行う。授業前に必ず、授業支援システムを確認すること。
 
教科書  
教科書1 ISBN
書名
著者名 出版社 出版年
 
教科書補足  
テキストは、初回の授業で指示する。
 
参考書  
参考書1 ISBN 9784532133214
書名 MOT「技術経営」入門
著者名 延岡健太郎著, 出版社 日本経済新聞社 出版年 2006-09
 
履修条件および関連科目
(項目説明)この授業を履修するにあたってあらかじめ履修が必要な授業,並行して履修することによって学修効果を高める授業などを示しています。
 
上述した参考書レベルの知識は持っているものとして、授業を進める。
 
キーワード  
イノベーション, 技術経営(MOT)
 
備考  
授業では議論を重視するため、出席を前提とする。
 
教員からの一言  
 経営学は主に企業に関する学問ですが、個人の日常の暮らしや生き方にも応用できる部分が少なくありません。大学生活・大学院生活はもちろん、大学卒業後・大学院修了後の人生を有意義に過ごすためにも、経営学の「ものの見方・考え方」を身につけてください。
 
↑ ページの先頭へ戻る