タイトル
時間割コード: VB02008 日本語シラバス
生態会計研究[Ecological Accounting]
 
担当教員
大森 明[OMORI AKIRA]
開講学部等 国際社会科学府 対象年次   単位数 2 使用言語  
開講時期 春学期 開講曜限   クラス  
特記事項  
ナンバリングコード 実務経験のある教員による授業
授業の目的  
サステナビリティ社会の中では、企業も政府も経済面だけでなく、環境や社会への影響を考慮した経営が求められています。環境会計は、企業活動と環境問題に焦点を当て、経済活動と環境保全活動のベストバランスを考えるための会計です。講義では、その基本的な構造と環境報告、財務会計、管理会計領域での応用を学びます。
 
授業計画
(項目説明)授業全体のスケジュールを示しています。学修計画を立てる際の参考にしてください。
 
1. 生態会計のフレームワーク
2. サステナビリティ経営の進展
3. 環境経営の進展と会計
4. 企業生態会計の展開
5. 環境報告会計Ⅰ
6. 環境報告会計Ⅱ
7. 環境報告会計Ⅲ
8. 環境報告会計ケーススタディ
9. 環境財務会計Ⅰ
10.環境財務会計Ⅱ
11.環境財務会計Ⅲ
12.環境管理会計Ⅰ
13.環境管理会計Ⅱ
14.環境管理会計Ⅲ
15.総括
16.定期試験
注 ゲストスピーカーのプレゼンが入る場合は、講義内容が一部変更される可能性があります。
 
授業時間外の学修内容
(項目説明)授業全体を通して授業前に予習すべき内容、授業後に復習すべき内容を示しています。単位は、授業時間前後の予習復習を含めて認定されます。
 
1.企業のサステナビリティ報告書を読んで企業の活動を分析する。
2.サステナビリティに関連するガイドラインや基準を読んで企業にどのように適用されているか分析する。
 
履修目標
(項目説明)授業で扱う内容(授業のねらい)を示す目標です。より高度な内容は自主的な学修で身につけることを必要としています。
 
1.生態会計のマネジメントツールを習得し、企業への展開を構想できる。
2.企業をサステナビリティの観点から分析し、改善策提案できる能力を習得する。
3.環境問題や社会問題を財務会計・管理会計の視点から分析し、新たな問題へ応用できる能力を習得する。
 
到達目標
(項目説明)授業を履修する人が最低限身につける内容を示す目標です。履修目標を達成するには、さらなる学修を必要としている段階です。
 
1.サステナビリティの考え方を理解する。
2.企業活動の諸側面(経済・環境・社会)とそのマネジメントについて理解する。
3.環境会計の基本的なしくみを理解する。
 
成績評価の方法
(項目説明)成績評価の方法と評価の配分を示しています。
 
レポート(50%)とディスカッション・プレゼン(50%)で判定します。レポートの回数によって変更があります。
 
成績評価の基準 -ルーブリック-
(項目説明)授業別ルーブリックでは評価の項目と、成績評価の基準との関係性を確認できます。(表示されない場合もあります。)
 
【成績評価の基準表】
秀(S)優(A)良(B)可(C)不可(F)
履修目標を越えたレベルを達成している履修目標を達成している履修目標と到達目標の間にあるレベルを達成している到達目標を達成している到達目標を達成できていない
履修目標:授業で扱う内容(授業のねらい)を示す目標
到達目標:授業において最低限学生が身につける内容を示す目標
【授業別ルーブリック】
評価項目評価基準
期待している以上である十分に満足できる(履修目標)やや努力を要する努力を要する(到達目標)相当の努力を要する
理解度授業内容を越えた自主的な学修が認められる。授業内容をほぼ100%理解している。到達目標は理解しているが、授業内容に不足がある。到達目標に達していることが認められる。到達目標に達していない。
課題分析能力独自の視点から分析指標を作成することができる。何も参照せずに独自の能力で分析指標を作成することができる。参考書などを参考にして、分析指標を作成することができる。分析指標を作成することができるが、十分ない内容になっていない。分析指標を作成することができない。
調査能力自ら進んで独自の企業評価を行うことができる。対象企業の的確な評価を行うことができる。対象企業の評価を行うことができる。対象企業の評価を行うことができるが、理解の不十分な部分がある。企業評価ができない。
 
授業の方法
(項目説明)教員が授業をどのように進めるのか、課題提出などの情報もあわせて示しています。
 
院生のプレゼンを中心に行う。必要に応じて資料の配布、ゲストスピーカーの講演などを行う。
 
教科書  
教科書1 ISBN
書名
著者名 出版社 出版年
 
教科書補足  
 
参考書  
参考書1 ISBN 9784839421304
書名 サステナビリティ社会のための生態会計入門
著者名 河野正男, 八木裕之, 千葉貴律 編著,河野, 正男, 1940-,八木, 裕之,千葉, 貴律, 出版社 森山書店 出版年 2013
参考書2 ISBN -
書名 環境報告ガイドライン2018
著者名 環境省 出版社 環境省 出版年 2018
参考書3 ISBN -
書名 環境報告ガイドライン2012
著者名 環境省 出版社 環境省 出版年 2012
参考書4 ISBN なし
書名 環境会計ガイドライン2005
著者名 環境省 出版社 環境省 出版年 2005
参考書5 ISBN -
書名 GRIガイドラインスタンダード
著者名 GRI 出版社 GRI 出版年 2016
参考書6 ISBN -
書名 国際統合報告フレームワーク
著者名 IIRC 出版社 IIRC 出版年 2013
参考書7 ISBN なし
書名 SDGs
著者名 UN 出版社 UN 出版年 2015
 
参考書補足  
 
履修条件および関連科目
(項目説明)この授業を履修するにあたってあらかじめ履修が必要な授業,並行して履修することによって学修効果を高める授業などを示しています。
 
会計学(財務会計・管理会計)の基礎的な知識を持っていること。
 
キーワード  
環境会計(Environmental Financial Accounting),環境報告(Environmental Reporting),サステナビリティ報告(Sustainability Reporting),環境経営(Environmental Management),サステナビリティ経営(Sustainability Management),統合報告(Integrated Reporting),SDGs(Sustainable Development Goals)
 
備考  
企業経営とサステナビリティ、SDGs、気候変動対策などについて自分で考え、積極的に議論に参加してください。
 
参照ホームページ  
http://www.env.go.jp/policy/
 
教員からの一言  
授業には単に出るのではなく、主体的に参加するようにしましょう。
 
↑ ページの先頭へ戻る